楽しくiPhoneライフ!SBAPP

【iPhone】iOS15.6でSafariのよく閲覧するサイトが消えない不具合の詳細と対処

iOS15.6アップデート後、Safariのトップページで「よく閲覧するサイト」を削除しても消えない不具合が生じており、Safariを再起動すると削除した「よく閲覧するサイト」が再表示される場合があります。

Safariのよく閲覧するサイトが消えない、復活する不具合

iOS15.6アップデート後、Safariのトップページ「よく閲覧するサイト」を長押しして削除しても、Safariを再起動すると「よく閲覧するサイト」から削除したウェブサイトが復活する、消えない不具合が報告されています。

I used to delete some of my frequently visited sites
but after iOS 15.6, I can delete URLs, but after closing and reopening safari the deleted URLs appears again.

引用:Appleサポートコミュニティ

よく閲覧するサイトが消えない不具合はiOS15.6以前から

この問題はiOS15.6アップデートリリース以前から報告されているようですが、iPhoneの再起動や復元等の手軽な対処では改善しないことが多く、最新バージョンとなるiOS15.6でも問題が継続しているようです。(筆者環境でも再現)

I completely wiped the phone (13 pro max) and restored the backup and issue remain the same.

引用:Appleサポートコミュニティ

スポンサーリンク

Safariの履歴とWebサイトデータを消去を活用する

iOS15.6で「よく閲覧するサイト」からウェブサイトが完全に削除されない場合、執筆時点ではSafariの履歴とWebサイトデータを消去するか、Safariトップページから「よく閲覧するサイト」を非表示にして対処する必要があります。以下の手順でSafariの履歴とWebサイトデータを消去できます。

  1. 設定アプリを開く
  2. Safariをタップ
  3. 履歴とWebサイトデータを消去をタップ
  4. 履歴とデータを消去をタップ

よく閲覧するサイトの項目を非表示にする

Safariの履歴消去は避けたい場合、iOSアップデートで問題が解消されるまでの間は以下の手順で「よく閲覧するサイト」を非表示にして対処してください。

  1. Safariでトップページ(新規タブ)を開く
  2. ページ最下部にある編集をタップ
  3. 「よく閲覧するサイト」のスイッチをオフにする

iOSやApple製品で不具合を確認した場合は、Apple公式サイトから不具合をフィードバックすることでアップデートによる改善に役立てられる場合があります。

 

コメント(承認制)

*

Return Top