楽しくiPhoneライフ!SBAPP

【iPhone】iOS15.4のSafariで勝手に前のページに戻る不具合の詳細と対処

iOS15.4アップデート適用後、一部のiPhoneでSafariでリンクをタップして開くと勝手に前のページに戻る問題が報告されています。不具合が生じると、検索結果などからウェブサイトにアクセスしても意図せず検索結果画面に戻される場合があります。

Safariで勝手に前のページに戻る不具合が報告

iOS15.4アップデート適用後、Appleのブラウザアプリ「Safari」でリンクを開くと、勝手に前のページに戻る不具合が報告されています。

スポンサーリンク

macOS Monterey 12.3でも報告、Safari15.4に原因?

Safariで意図せず前のページに戻る不具合は、iOS15.4でアップデートされたSafari(バージョン15.4)に原因があるのか、同バージョンがインストールされる「macOS Monterey 12.3」でも同様の問題が報告されています。

作成したタブグループで開いたページでのみ不具合が発生する傾向

macOSでも今年1月末頃には同じ問題が報告されており、MacRumorsフォーラムには「Safari keeps randomly going back one page(Safariがランダムに1ページ戻り続ける)」といった書き込みが投稿されています。

On my 16" M1 MacBook Pro the browser goes back a page on its own and when I go forward to bring back the page I was reading it does nothing, like it doesn't exist. Also it randomly reloads pages. This is very very annoying.

執筆時点、iOS15.4(Safari15.4)に関する情報は乏しいものの、上記投稿によればmacOS(Safari15.X)に関してはSafariのタブグループで開いたページでのみ問題が発生する傾向があるとの情報が寄せられています。

I was able to track it down to tab groups, seems that it happens only in a tab group window.

そのためiOS15.4(Safari15.4)に関しても、作成したタブグループを使わずに標準タブ(○個のタブ)、あるいはプライベートタブのどちらかを使うことで不具合を回避できる可能性がありますが、根本的な解決方法は見つかっていない状況です。

根本的な不具合解決にはAppleによる対処が必要になる問題と思われるため、お使いのデバイスで問題が発生している場合は、Appleにフィードバックの送信を検討してください。

コメント(承認制)

*

Return Top