楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS15.2のSafariでフルページのスクリーンショットができない不具合と対処

iOS15.2アップデート適用後、Apple純正ブラウザアプリ「Safari」でページ全体(フルスクリーン)をスクリーンショット撮影できない、フルページのタブボタンが表示されない不具合が発生しています。

Safariでフルページボタンが表示されない不具合

Apple純正ブラウザアプリ「Safari」では、スクリーンショットを撮影時に画面左下に表示されるプレビューをタップし、画面上部のフルページボタンからページ全体をPDFとして保存できますが、使用環境によりフルページボタンが表示されない不具合が発生する場合があります。

Safariのフルページボタンが消える不具合はiOS14.6の頃から報告されており、iOS15.2時点でも不具合の改善に至っていないようです。

スポンサーリンク

フォルダに格納されたSafariで不具合が発生

筆者環境(iPhone 12 Pro/iOS15.2)では、ホーム画面に作成されたフォルダに格納されたSafariでのみ不具合が発生しており、Safariをフォルダの外に配置するか、Appライブラリから起動することで不具合を回避できることを確認しています。(要Safariの再起動)

Appサポートコミュニティでも筆者環境と同じように、Safariをホーム画面に直接配置することで不具合が解消したとの事例が寄せられています。

Safariのアイコンを他のappとフォルダーにまとめていませんか? Safariアイコンをフォルダーからホーム画面に出す事で フルスクリーンのボタンが表示されます。Appleサポートでも未解決の事象ですが…

引用:Appleサポートコミュニティ

改善しない場合はマークアップ機能を使う

もしSafariをホーム画面に直接配置してもフルページボタンが表示されない場合、iOSアップデートで不具合が解消されるまでの間は、以下のマークアップ機能を使った方法でページ全体のPDFを作成するようにしてください。

  1. 保存したいページを開き画面下の共有ボタンをタップ
  2. マークアップをタップ
  3. 左上の完了をタップ
  4. ファイルを保存をタップ

コメント(承認制)

*

Return Top