楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS15のモバイル通信経由でバックアップに注意、通信制限やバッテリー消耗の原因に

iOS15でiCloudバックアップ機能にモバイル通信でバックアップを作成できるオプション、「モバイル通信経由でバックアップ」がデフォルトで有効化(オン)された状態で追加されました。

Wi-Fi環境がない場合でもバックアップを作成できる便利な機能である一方、使用できるデータ通信量に制限がある通信プランを契約している場合は注意が必要です。

モバイル通信でiCloudバックアップを作成できる新機能

iOS15アップデートでは、5G対応モデル(iPhone 12以降)向けにモバイル通信でiCloudバックアップを作成できるオプション「モバイル通信経由でバックアップ」が追加されています。(設定Apple ID(自分の名前)iCloudiCloudバックアップモバイル通信経由でバックアップ

注記: 5Gをサポートしているモデルでは、モバイルデータ通信ネットワークを使ってiPhoneのバックアップを作成できるオプションが通信事業者により提供されている場合があります。「設定」>「[自分の名前]」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」と選択し、「モバイル通信経由でバックアップ」のオン/オフを切り替えます。

引用:Apple

スポンサーリンク

デフォルトで「モバイル通信経由でバックアップ」がオンに

モバイル通信経由でバックアップはデフォルトでオンになっているため、iCloudバックアップを使用しているiPhoneをiOS15にアップデートすると、気づかないうちにモバイル通信経由でiCloudバックアップが作成されてしまう可能性があります。

そのため、使用できるモバイル通信量に限りがあるプランを契約している場合は、iOS15アップデート適用後に設定Apple ID(自分の名前)iCloudiCloudバックアップモバイル通信経由でバックアップがオフになっていることを確認することを強くお勧めします。

モバイル通信経由でバックアップはバッテリーを消耗する原因にも

モバイル通信経由でバックアップがオンの場合、電源が近くに無い外出先などでもiCloudバックアップが作成されてしまうため、iOS14以前に比べるとバッテリーを多く消耗する可能性があります。

実際にTwitterなどでは、モバイル通信経由でバックアップをオフにしたことでバッテリーが長持ちするようになったとの声も挙がっているので、もしバッテリーを長持ちさせたいのであればオフにした方が良さそうです。

関連記事【iPhone】iOS15でバッテリーの減りが早い、バッテリーの持ちが悪い問題と対処について

コメント(承認制)

*

Return Top