楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS15】アップデート内容と変更点の詳細、不具合や評判について

AppleがiPhoneなどiOSデバイス向けに最新ソフトウェアアップデート、iOS15を正式リリースしました。今回は年に1度の大型アップデート(メジャーアップデート)となっており、新機能の追加や仕様変更が多く含まれています。

iOS15のアップデート内容、新機能のまとめ

今回リリースされた最新ソフトウェアアップデート「iOS15」は、年に1度の大型アップデート(メジャーアップデート)となっており、新機能「集中モード」や「iCloud+」などの追加、Safariや天気などのUI(デザイン)変更などが行われています。

iOS15、機能ごとのアップデート内容詳細

以下はiOS15のリリースノートからの引用となっており、機能別にアップデート内容を箇条書きにまとめたものです。新機能「集中モード」や「プライベートリレー」などの一部新機能は最後に詳しく解説しています。

FaceTime

  • 空間オーディオにより、グループFaceTime通話でほかの人の声が画面上のそれぞれの人の位置から聞こえるようにすることが可能(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)
  • 周囲の雑音を遮断して、自分の声がはっきりと聞こえるようにする“声を分離”機能(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)
  • 周囲のすべての音を通話に取り込めるワイドスペクトル機能(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)
  • 背景をぼかして自分にピントを合わせることができるポートレートモード(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)
  • グループFaceTime通話で同時に最大6人を同じサイズのタイルに表示することができ、現在話している人が強調表示されるグリッド表示
  • FaceTimeリンクを使用して友達にFaceTime通話への参加を依頼でき、AndroidやWindowsのデバイスを使っている友達もブラウザから参加可能

メッセージ・ミー文字

  • “メッセージ”の会話内で友達から送られたコンテンツをが“写真”、Safari、Apple Music、Apple Podcast、またはApple TVの各Appの“あなたと共有”に表示
  • 選択した共有コンテンツをピンで固定して“あなたと共有”、“メッセージ”の検索、および会話の“詳細”表示で上部に表示して目立たせることが可能
  • “メッセージ”で送られた複数の写真を、一目で分かるコラージュまたはスワイプ可能なスタックとして表示
  • ミー文字用の40以上の衣服で最大3色の異なるカラーを選択して、ミー文字ステッカーの衣類や帽子類をカスタマイズ可能

集中モード

  • 集中モードを使用して、フィットネス、睡眠、ゲーム、読書、運転、仕事、パーソナルな時間など、今していることに合わせて自動的に通知をフィルタリング可能
  • 集中モードは設定時にデバイス上の人工知能機能を使用して、集中モードの間に通知を許可するAppや連絡先の候補を提案
  • 特定の集中モードに合ったAppやウィジェットを表示するように、ホーム画面のページをカスタマイズ可能
  • 場所や時間帯などの情報を使用して、状況に合わせた集中モードをインテリジェントに提案
  • 自分の状況を“メッセージ”の会話に表示して、連絡先に集中モードで通知がオフになっていることを知らせることが可能

通知

  • 連絡先に登録されている人の写真が表示され、Appのアイコンがより大きく表示されるようになった新しい外観のデザイン
  • 通知の要約により、設定したスケジュールに基づいて、毎日都合のよい時間に通知をまとめて配信
  • 今後1時間またはその日の間、任意のAppやメッセージスレッドからの通知を消音にすることが可能

マップ

  • サンフランシスコベイエリア、ロサンゼルス、ニューヨーク市、ロンドンなどの都市(今後、さらに都市を追加予定)で、高度、木々、建物、ランドマーク、横断歩道、右左折車線、そして複雑なインターチェンジを案内する3D表示を街の地図に詳しく表示(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)
  • 新たなドライブの機能として、交通情報や事故などの詳細が強調表示されるドライバー向けの新しい地図や、今後の出発時刻または到着時刻を選択して移動経路を確認できる経路プランナーなどを追加
  • 臨場感あふれる徒歩での経路案内で、ステップバイステップの経路案内を拡張現実で表示(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)
  • 交通機関での移動体験がアップデートされ、最寄りの交通機関の出発時刻にワンタップでアクセスしたり、経路を片手で簡単に表示/操作したり、降車駅に近づくと通知で知らせたりすることが可能
  • インタラクティブな3D地球儀に、山岳地帯、砂漠、森林、海などの拡充した詳細情報を表示(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)
  • デザインが新しくなった場所カードでは、場所の詳細確認や操作を行いやすくし、ガイドが新たに表示され、好みに合わせてエディタが厳選したおすすめの観光スポットを表示

Safari

  • 下のタブバーにより、タブにアクセスしやすくなり、左右にスワイプしてタブ間の移動が可能
  • タググループは、タブの保存や整理に役立ち、すべてのデバイスから簡単にアクセス可能
  • タブの概要で開いているタブをグリッド表示
  • 背景イメージのカスタマイズや、“プライバシーレポート”、“Siriからの提案”、“あなたと共有”などの新しいセクションをスタートページに追加
  • ブラウズ操作のパーソナライズに役立つiOSのWeb機能拡張をApp Storeからダウンロード可能
  • 音声検索により、自分の声でWeb検索が可能

ウォレット

  • ホームキーを追加して、対応している自宅やマンションのドアの鍵をタップして解錠可能(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)
  • 参加しているホテルのルームキーを追加して、ホテルの部屋のドアをタップして解錠可能
  • 参加している企業のオフィスのキーを追加して、オフィスのドアをタップして解錠可能
  • 車のキーと超広帯域無線により、バッグやポケットからiPhoneを取り出さなくても、対応する車のロックを解除したり、車をロックしたり、エンジンをかけたりすることが可能(iPhone 11およびiPhone 12のモデル)
  • 車のキーのリモート・キーレス・エントリー機能を使って、対応している車両で、車のロック、ロック解除、クラクションの鳴動、事前暖機、トランクを開くことが可能

テキスト認識表示

  • テキスト認識表示により写真の中のテキストが操作可能なテキストになるため、写真、スクリーンショット、クイックルック、Safari、およびカメラを使ったライブプレビューでのコピー&ペースト、“調べる”、翻訳が可能(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)
  • テキスト認識表示のデータ検出機能により、写真の中の電話番号、メール、日付、住所などが認識されるため、それらに対するアクションを実行可能
  • テキスト認識表示はキーボードからアクセスでき、直接カメラのビューファインダーからテキストフィールドにテキストを挿入することが可能

Spotlight

  • 探している連絡先、俳優、ミュージシャン、映画、テレビ番組などに関する情報をすべてまとめて詳しく検索結果に表示
  • 自分の写真ライブラリから場所、人、シーン、写真に写っているテキストやその他のもの(犬や車など)を指定して、写真を検索することが可能
  • Web画像検索では、人、動物、モニュメントなどの検索が可能

写真

  • メモリーのデザインが一新され、インタラクティブなインターフェイス、内容に合わせてスマートに変わるタイトル付きのアニメーションカード、アニメーションとトランジションのスタイル、複数の画像のコラージュが新たに追加
  • Apple Musicのサブスクリプションに登録している場合は、Apple Musicをメモリーに追加でき、エクスパートによるおすすめと自分の音楽の好みを写真やビデオに写っているものに組み合わせて、パーソナライズされた曲を提案
  • メモリーミックスでは、さまざまな曲から選択して、メモリーに合う雰囲気を設定することが可能
  • 新しいメモリータイプとして、世界各地の新しい祝日、子ども中心のメモリー、一定期間のトレンド、改善されたペット用のメモリーを追加
  • 情報パネルに、使用されたカメラとレンズ、シャッタースピード、ファイルサイズなど、写真に関する詳細な情報を表示

ヘルスケア

  • “共有”では、大切な人や介護者と共有するヘルスケアデータ、通知、およびトレンドを選択して共有することが可能
  • “トレンド”を使って、特定のヘルスケア指標が時間の経過と共にどのように進行しているかを確認したり、新たなトレンドが検出されたときに通知を受けることが可能
  • 新しい指標の“歩行安定性”では、転倒のリスクを評価して歩行安定性が低下したときに通知することが可能(iPhone 8以降)
  • 証明可能なヘルスケアレコードにより、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種や検査結果の証明書のダウンロードと保存が可能
スポンサーリンク

天気

  • 各地域で最も重要な天気情報を表示し、新しいマップモジュールが追加された新しいデザイン
  • 天気図をフルスクリーンで表示し、対応する地域では降水量、気温、空気質を見ることが可能
  • アイルランド、英国、および米国では、“これから1時間の降水の強さ”の通知で、雨や雪の降り始めや、やんだときに通知を受け取ることが可能
  • 太陽の位置、雲、降水量をより正確に表すことができる新しいアニメーションの背景(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)

Siri

  • Siriへのリクエストの音声はデバイス上で処理されるので、特に設定しなくてもこのデータがデバイスの外に出ることはなく、オフラインでもSiriで多くのリクエストを処理することが可能(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)
  • Siriで項目を共有で、写真やWebページ、“マップ”の位置情報などの画面上の項目を任意の連絡先に送信可能
  • Siriは画面上の文脈に沿って、画面に表示されている連絡先にメッセージを送信したり電話をかけたりすることが可能
  • デバイス上でのパーソナライズにより、Siriの音声認識と理解能力が各ユーザに合わせて向上(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)

プライバシー

  • “メール”でのユーザアクティビティ、IPアドレス、またはメールを開いたかどうかを、メールの送信者に知られないようにしてプライバシーを守るメールプライバシー保護機能
  • Safariで既知のトラッカーによるIPアドレスを使ったプロファイリングからも保護できるようになったインテリジェント・トラッキング防止機能

iCloud+

  • 特別な機能や追加のiCloudストレージを提供するクラウド型のサブスクリプションサービス
  • iCloudプライベートリレー(ベータ)で、2つの異なるインターネットリレーを使ってリクエストを送信し、デバイスから発信されるインターネット・トラフィックを暗号化することで、SafariでWebサイトを閲覧するときのセキュリティとプライバシー保護を強化
  • 一意のランダムなメールアドレスを作成し、個人の受信ボックスに転送することで、実際のメールアドレスを共有せずにメールを送受信することができる“メールを非公開”機能
  • iCloudストレージプランの容量を消費することなく、これまで以上に多くの防犯カメラを接続できるHomeKitセキュアビデオ
  • カスタムのメールドメインを使ってiCloudメールアドレスをパーソナライズし、家族もそのドメインを使えるように招待することが可能

アクセシビリティ

  • VoiceOverを使って画像を調べて、写真の中の人物やオブジェクトをより詳しく把握したり、テキストや表データを理解することが可能
  • マークアップのVoiceOver画像説明を使って、VoiceOverで読み上げることができる画像の説明を独自で作成して追加することが可能
  • Appごとの設定では、画面表示やテキストサイズの設定を目的のAppだけでカスタマイズすることが可能
  • バランスの取れたノイズ、ブライトノイズ、ダークノイズ、オーシャン、雨、ストリームの音をバックグラウンドで連続的に再生し、外部からの不要な雑音を隠すことができるバックグラウンドサウンド
  • スイッチコントロールのサウンドアクションにより、単純な音を発するだけでiPhoneをコントロール可能
  • オージオグラムを“設定”で読み込むと、聴力検査の結果に合わせてヘッドフォン調整をカスタマイズ可能
  • 音声コントロールの言語に中国語(中国本土)、広東語(香港)、フランス語(フランス)、およびドイツ語(ドイツ)を追加
  • ミー文字に人工内耳、酸素チューブ、ソフトヘルメットなどのオプションを追加

機能の改善

  • “メモ”と“リマインダー”ではタグを使って項目を素早く分類して見つけやすくしたり、独自のスマートフォルダやスマートリストを使って、定義したルールに基づいてメモやリマインダーを自動で集めることが可能
  • “メモ”の“名前の言及”で、共有メモでの重要なアップデートをほかの人に知らせたり、新しいアクティビティ表示でメモで行われた最近の変更内容をすべて1つのリストに表示したりすることが可能
  • Apple Musicがダイナミックヘッドトラッキング機能を備えた空間オーディオに対応し、AirPods ProおよびAirPods Maxで一段と迫力のあるドルビーアトモス体験が可能
  • システム全体での翻訳機能により、写真の中のテキストも含め、システム内のどこでもテキストを選択してタップして翻訳可能
  • “探す”、“連絡先”、App Store、“睡眠”、Game Center、“メール”などの新しいウィジェットを追加
  • App間のドラッグ&ドロップ機能により、1つのAppからイメージ、書類、ファイルを選んで、別のAppにドラッグすることが可能
  • キーボードの拡大ルーペで、カーソルを動かしたときにテキストを拡大表示することが可能
  • Apple IDのアカウント復旧用の連絡先として信頼できる人を1人以上選び、パスワードのリセットやアカウントへのアクセスの復旧を手伝ってもらうことが可能
  • 新しいデバイスを購入した場合は、一時的なiCloudストレージを使い、データの一時的なバックアップを作成するのに必要なストレージ容量を最大3週間、無料で提供
  • “探す”の手元から離れたときの通知機能では、対応するデバイスや持ち物が手元から離れた場合に、“探す”で持ち物までの経路を検索可能
  • XboxシリーズX|SワイヤレスコントローラーやSony PS5 DualSense™ワイヤレスコントローラーなどのゲームコントローラーを使って、直近15秒までのゲームプレイのハイライトを保存可能
  • App StoreのApp内イベントにより、ゲームの対戦や新作映画のプレミア上映、ライブストリーミング体験など、Appやゲーム内のタイムリーなイベントを見つけることが可能

通知や着信を制限できる集中モード(旧:おやすみモード)

iOS15では、これまでの「おやすみモード」が「集中モード」として機能強化され、運転中や仕事中といったシーンごとに扱いやすくアップデートされました。

集中モードはコントロールセンターから起動することができ、設定集中モードから利用シーンごと(おやすみモード、運転、パーソナル、仕事、睡眠)に、通知を許可するアプリや着信を許可する連絡先を設定できます。

また仕事などの集中モードについては、集中モードの自動起動(オートメーション)にも対応しているので、もし活用する場合は設定集中モード→任意の集中モードから起動時間等を設定できます。

Safariの検索ボックスが移動、タブのグループ管理も可能

iPhoneの標準ブラウザアプリ「Safari」のUIが大幅に刷新され、URLバー(検索ボックス)が画面下部に表示されるようになり、URLバーを左右にスワイプすることでタブを切り替えることができるようになりました。

またタブ画面のメニューボタン(v)をタップすることで、タブをグループごとに管理できるようになりました。例えば仕事に関連するウェブページ(タブ)を「仕事グループ」、趣味に関連するウェブページ(タブ)を「趣味グループ」として仕分けすることで、タブを目的別に管理できるようになりました。

iCloud新機能「プライベートリレー」と「メールを非公開」

従来のiCloudサービスの機能が拡張され、新たにプライベートリレー(ベータ)やメールアドレスの非公開機能などが設定Apple IDに追加され、iCloud+として刷新されました。

インターネット通信のプライバシー保護力向上(プライベートリレー)

iOS15時点ではベータ版となるプライベートリレー機能では、デバイスが発するインターネットトラフィックが暗号化され、ウェブページアクセス時の一切の通信(アクセス元、履歴等)を秘匿化、プライバシー保護力を強化できます。

ただし、一部の通信キャリアでは契約中のプランが正常に動作しない等の問題があるため、使用する場合は必ずキャリアの案内等を確認するようにしてください。

本当のメールアドレスを隠してEメールのやり取り(メールを非公開)

これまでも「Apple IDでサインイン」を使用することで、ランダムなメールアドレスを自動作成することができましたが、iOS15では好きなタイミングにランダムなメールアドレスを作れるようになりました。(設定Apple IDメールを非公開

ランダムに作られたメールアドレス宛に届いたメールは、メインで使用しているメールアドレス宛に自動で転送されるので、相手にメインで使用しているメールアドレスを知らせること無く、Eメールのやり取りを行うことができます。

iOS15で発生した不具合に関して

情報提供のお願いについて

iOS14.7アップデート適用後、不具合等が生じた場合は、コメントで情報を提供して頂けると幸いです。「通信速度が遅くなった」「バッテリーが長持ちしない」「iPhoneが電源が落ちる」など、些細なことでも気軽に投稿して頂ければと思います。

※ コメント欄は記事の文末にあります。今すぐコメントを投稿したい方はコチラからどうぞ!
※ 不適切な言葉を含むコメントについては承認しない場合があります。
※ コメント等を参考に調査、まとめた不具合等に関する記事は随時iOS14カテゴリー記事として公開しています。

iOS15アップデートの評判と感想

執筆時点ではiOS15アップデートがリリースされて間もないこともあり、アップデート適用後に関連する評判が非常に少ない為、こちらについては後ほど追記します。

なお、筆者の使用環境(iPhone 12 Pro、iPhone X)では致命的な問題等は発生しておらず、執筆時点では軽快に動作しています。

iOS15アップデート後のバッテリーの減りが早い時

iOSアップデート適用後は内部処理が増える影響により、通常時よりも多くのバッテリーを消耗する傾向があります。(今回はメジャーアップデートとなるので尚更影響が大きいかと思われます)

iOSアップデートの影響によりバッテリーパフォーマンスが低下している場合、設定バッテリーの所見および提案に以下の「iOSをアップグレード中のため〜影響があります」と表示されるので、もしこちらの場合は時間の経過で改善する可能性が高いです。

iOSをアップグレード中のためiPhoneは通常より多く使用されています。これによりバッテリーの持続時間に影響がある場合があります。

もしバッテリーに関連するメッセージが表示されていないにも関わらず、バッテリーパフォーマンスが大きく低下した場合は数時間〜終日程度は様子を見るようにし、それでも改善しない場合は以下の設定見直し等を行ってください。(Appleサポートコミュニティで推奨タグがついた対処です)

  • 画面ミラーリングの使用を控える
  • iPhoneを低電力モードで使用する
  • iPhoneの自動ロックを1分に設定する
  • アクセシビリティ機能「自動で電話に出る」をオフにする
  • 使用していないアプリのプッシュ通知をオフにする
  • 画面の明るさを自動設定にする(設定>アクセシビリティ>画面表示とテキストサイズ>明るさの自動調節
  • コントロールセンターから手動で画面の明るさを暗くする
  • 長時間の映像ストリーミングは可能であれば他デバイスで視聴する(テレビなど)
  • 起動したアプリをマルチタスク画面から完全に終了しない(最小化した状態で使い続ける)
  • プライバシー位置情報サービスで、アプリの設定を可能な限り「使用中のみ」に変更する
  • メールの受信頻度(フェッチ)やカレンダーのデータ取得頻度を減らす
  • 設定一般Appのバックグラウンド更新で不要なアプリをオフにする
  • バッテリー残量が20〜30%になる前に充電する
  • Wi-Fi環境がある場合は積極的に利用する
  • モバイル通信やWi-Fi通信の電波強度が低い、圏外になる場合は機内モードを使用する
  • Wi-FiやBluetoothを使用していない場合はオフにする
  • 設定モバイル通信でWi-Fiアシストを有効にする
  • 設定バッテリーバッテリーの状態に交換を勧めるメッセージ等が表示されていないか確認する

コメント&トラックバック

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. バッテリー消費が異常に早い
    Wi-Fi接続が切れる
    機種:iPhone12Pro Max

  2. ノートンセキュリティのウェブ保護が効かなくなりました。
    またWi-Fiが繋がらなくなり、一旦リセットしたらつながりました。

  3. 今朝iPhone12をiOS15にアップデートしました。純正のメールアプリ、LINE、Twitter等問題なく使えています。モバイル通信も圏外になることはありませんでした。ただ、アップデート直後のためか本体が異常に発熱しています(手帳型のケースの上からでも熱く感じます)。しばらく経てばおさまるのか心配です。

  4. 【iPhone】DCIM直下の写真フォルダが年月単位で整理される仕様に。iOS14.6の時の表示と一緒。動画や画像ファイルが非常に探しにくくなった。元に戻す方法はないのでしょうか。あったら教えてほしいです。

コメント(承認制)

*

Return Top