楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS13「位置情報をバックグラウンドで利用しています」は消せないの?について

スポンサーリンク

iOS13以降では、位置情報の通知「過去3日間に渡って位置情報をバックグラウンドで利用しています」が表示される場合がありますが、ユーザーからは「位置情報の通知は消せないの?」「位置情報の確認が鬱陶しい」「常に許可をタップしても何度も表示される」といった声が多く目立ちます。

そこで今回はiOS13で追加された「位置情報の通知」に関して、意味や非表示設定の有無など調べた情報をまとめます。

位置情報サービスを利用するアプリを厳しく管理

iOS13では、バックグラウンドで位置情報サービスを利用するアプリの管理が厳しくなり、Googleマップなど位置情報を利用するアプリをインストールしている場合、定期的に「〜は、過去3日間に渡って位置情報をバックグラウンドで○回利用しました」「〜は、過去3日間に渡って位置情報を利用しています」といった位置情報の通知が表示される場合があります。

位置情報の通知(iOS13)
バックグラウンドで位置情報サービスを利用しているアプリがある場合、位置情報の通知が表示される仕様に。
スポンサーリンク

位置情報の通知は常に許可しても再度表示される

「過去3日間に渡って位置情報をバックグラウンドで利用しています」は、バックグラウンドで動作するアプリの位置情報を”常に許可”したまま継続するかの確認を目的とした通知です。

“○○○”は、過去3日間に渡って位置情報をバックグラウンドで利用しています。バックグラウンドでの位置情報の利用を許可したままにしますか?

“使用中のみ許可”に変更
常に許可

そのため、アプリのバックグラウンド更新をオフにする、あるいは位置情報サービスの設定を使用中のみ許可なしに変更しない限り、通知内の“常に許可”をタップしても通知が繰り返し表示される仕様になっているようです。

位置情報の通知をオフにする設定は用意されていない

iOS13.1.2では、位置情報の通知「〜は、過去3日間に渡って位置情報をバックグラウンドで利用しています」をオフにする設定項目は用意されていないようです。

唯一関連性のある設定としては、設定プライバシー位置情報サービス位置情報の通知といった項目がありますが、これは通知内に表示されるマップ情報の表示有無を切り替える設定で通知そのものをオフにする機能では無いようです。

位置情報の通知内のマップ表示有無設定

そのため、執筆時点で位置情報の通知をオフにするには、該当アプリのバックグラウンド更新をオフ(設定一般Appのバックグラウンド更新)にするか、位置情報サービスをなしもしくは利用中のみ許可設定プライバシー位置情報サービス該当アプリ)に変更するしかありません。

バックグラウンド更新と位置情報サービスの設定
現状(iOS13.1.2)ではアプリのバックグラウンド更新をオフにするか、位置情報サービスの常に許可を中止する以外の選択肢が無い。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top