楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS13.2.2とiOS13.2のバッテリーパフォーマンスの比較動画が公開

【iPhone】iOS13.2.2とiOS13.2のバッテリーパフォーマンスの比較動画が公開
スポンサーリンク

先週リリースされたiOS13.2.2とiOS13.2のバッテリーパフォーマンス(バッテリーの持ち時間、駆動時間)を比較した動画をiAppleBytesが公開しています。

iOS13.2.2はiOS13.2と概ね同じバッテリーパフォーマンス

iOSアップデート適用前後のバッテリーパフォーマンス(駆動時間、スコア)の比較動画を公開しているiAppleBytesによると、iOS13.2.2とiOS13.2のバッテリーパフォーマンスをiPhone SE、iPhone 6s、iPhone 7、iPhone 8、iPhone XRの5機種で比較した結果、駆動時間の差は±3分程度となったようです。

iOS13.2.2/iOS13.2のバッテリーパフォーマンスの比較
機種 iOS 駆動時間 スコア 最大容量 駆動時間の差
iPhone SE iOS13.2 3時間3分 1830 100% +1分
iOS13.2.2 3時間4分 1840 99%
iPhone 6s iOS13.2 3時間24分 2040 100% -2分
iOS13.2.2 3時間22分 2020 100%
iPhone 7 iOS13.2 3時間15分 1945 100% -1分
iOS13.2.2 3時間14分 1933 100%
iPhone 8 iOS13.2 3時間15分 1934 100% -2分
iOS13.2.2 3時間13分 1912 100%
iPhone XR iOS13.2 6時間25分 3808 100% +3分
iOS13.2.2 6時間28分 3835 100%

iAppleBytesが公開した検証結果を見る限りでは、iOS13.2からiOS13.2.2にアップデートをすることで、バッテリーの駆動時間が大幅に短縮するようなことは無さそうです。(筆者のiPhone 11 Proでもアップデート前後でバッテリーの持ちが極端に悪くなった印象はありません)

スポンサーリンク

バッテリーを多く消耗するアプリの特定、気温にも注意が必要

iOSアップデートを適用した直後はバッテリーの消耗が激しくなることがありますが、多くの場合は数時間〜終日程度でバッテリーの消耗が落ち着き、アップデート適用前程度のバッテリーパフォーマンスに戻ることが多いです。

もしアップデートを適用してから数日間、バッテリーの消耗が激しいような場合は一部で発熱が報告されている最適化されたバッテリー充電のオフ設定バッテリーでバッテリーを多く消耗しているアプリを特定するなどの対処を試すと良いです。

iPhoneのバッテリー使用状況

関連記事【iOS13】iPhoneが熱い、発熱する時は最適化されたバッテリー充電のオフを試す

また寒さが厳しい地域でiPhone周囲の温度が適温(0~35度)を下回る場合、バッテリーの消耗が早くなる場合があるので、これからの時期は特に注意が必要です。

iOS デバイスは周囲の温度が 0° ~ 35℃ の場所でお使いください。低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあります。動作温度を下回る極端な低温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの消耗が早くなったりデバイスの電源が切れたりすることがあります。より温度の高い場所にデバイスを戻すと、バッテリーの駆動時間も通常の状態に戻ります。極端な高温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの持ちが悪くなることがあります。

引用:Apple

関連記事【iPhone】iOS13.2.2でモバイルデータ通信が繋がらない不具合に関する約900件のアンケート結果

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*

Return Top