楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS13.5のバッテリーパフォーマンスの検証動画公開、アップデートから6日後の計測

YouTubeチャンネルのiAppleBytesが、iOS13.5のバッテリーパフォーマンスを計測した動画を公開しています。iPhone XRに関しては前回のiOS13.4.1から約10分程度の改善がみられるようです。

iOS13.5のバッテリーパフォーマンス計測

今回iAppleBytesが行ったバッテリーパフォーマンス検証は、iOS13.5アップデート適用後の6日後に行われており、検証機種はiPhone SE、iPhone 6 s、iPhone 7、iPhone 8、iPhone XR、iPhone 11、iPhone SE 2020で行われています。

同チャンネルは過去にiOS13.4.1のバッテリーパフォーマンス検証も行っており、今回の検証結果と前回の検証結果を一つの表にまとめたものが以下です。

機種 iOS 駆動時間 スコア
iPhone SE iOS13.4.1 3時間11分 1830
iOS13.5 2時間57分 1770
iPhone 6s iOS13.4.1 3時間15分 1950
iOS13.5 3時間8分 1870
iPhone 7 iOS13.4.1 3時間33分 2123
iOS13.5 3時間34分 2135
iPhone 8 iOS13.4.1 3時間21分 1996
iOS13.5 3時間23分 2028
iPhone XR iOS13.4.1 5時間51分 3466
iOS13.5 6時間2分 3583
iPhone 11 iOS13.4.1 6時間47分 4057
iOS13.5 6時間34分 3928
iPhone SE 2020 iOS13.5 4時間12分 2513
スポンサーリンク

機種ごとに若干の差、機種により10分程度の差も

iOS13.4.1とiOS13.5のバッテリーパフォーマンスの検証結果を比較してみると、iPhone 7のようにアップデート前後で大きく変化が無いもの、iPhone 11のように13分短くなるもの、iPhone XRのように10分延長するものがあったりと、機種ごとにバッテリーパフォーマンスの変化に差がある印象です。

もしiOSアップデート適用後、1週間経過してもバッテリーの減りが著しく早く感じる場合は以下の対処法等で改善しないか確認してください。

バッテリーの節約に繋がる設定一覧

  • Wi-Fiを使用しない場合:設定Wi-Fiをオフ
  • Bluetoothを使用しない場合:設定Bluetoothをオフ
  • AirDropを使用しない場合:設定一般AirDrop受信しないに変更
  • 設定プライバシー位置情報サービス各アプリこのAppの使用中のみ許可に変更(バックグラウンドで起動するものは”常に許可”にしてください)
  • 設定一般Appのバックグラウンド更新で、バックグラウンドでの動作が不要なアプリをオフ
  • 設定バッテリー低電力モードを活用する
  • 圏外エリアでは設定機内モードをオンにする。
  • iPhoneの周囲が0〜35度の適温環境でバッテリーパフォーマンスを確認する(※とくに今時期は注意が必要)
  • 設定バッテリーバッテリーの状態最適化されたバッテリー充電をオフにする

関連記事【iOS13.4.1】アップデートの新機能と変更点、不具合や評判のまとめ

コメント(承認制)

*

Return Top