楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS 12の新機能や変更点などWWDC2018発表まとめ

スポンサーリンク

Appleが本日開催したWWDC2018の基調講演にて、iPhoneやiPad向けの次期OS「iOS 12」が発表されました。次期iOS 12はパフォーマンスの向上や利便性の向上に重きを置いた、よりユーザー目線のアップデートになります。

アプリやカメラなどの起動速度が高速化

iOS 12はCPUパフォーマンスを効率的に発揮できる設計になっており、より高速なアプリやカメラの起動が可能です。

iOS 12対応機種の中では最も古いiPhone 6 Plusでは、アプリの起動速度が40%、キーボードの表示が50%、カメラの起動が70%、アプリ内で開くことができる共有シート、アプリのロード速度は2倍まで高速化するとのこと。

モノの長さを測ることができるARアプリ「メジャー」が追加

iOS 12ではARを活用したモノの長さを測ることができるARアプリ「メジャー」が追加されます。

メジャーアプリでは長さを計測したい始点と終点をタップすることで、簡単に区間の長さを計測することができます。また3次元物体を認識できるので、長方形の縦横高さの3辺を視覚的に計測することができ、面積を求めることもできます。

また長方形の物体は自動検出による自動計測に対応しており、始点や終点の設定をする必要無く、カメラを向けるだけで簡単に長さや面積を計算することができます。

ARKitが2.0にアップデートされマルチプレイ要素をサポート

ARアプリの開発をサポートするライブラリ「ARKit」がアップデートされ、1つのAR空間を複数デバイスで共有できる機能が追加されます。

これにより、ARゲームなど対戦や協力プレイといったマルチプレイ要素を持つゲームで遊ぶことができます。

写真アプリにFor Youタブが追加

写真アプリに検索キーワードの予測候補の表示、その日1日を飾るおすすめの写真やLive Photoを提案する「For Youタブ」が追加されます。

また複数人が写ったパーティーや宴会の写真がある場合、顔を認識にして連絡先か共有を提案する機能も追加されます。

Siriにショートカットとエディター機能が追加

Siriに新しくショートカット機能が追加され、任意のアプリを好きなフレーズで起動することができるようになります。

またショートカット機能には、複数のアプリを使った一連の操作の流れをSiriに登録できる「エディター機能」も含まれます。イメージ的には操作自動化アプリ「Workflow」に近い機能になります。

株価、ボイスメモ、iBooksがリニューアル

株価、ボイスメモ、iBooksアプリがそれぞれリニューアル。株価アプリでは経済ニュースの確認ができるようになり、ボイスメモとiBooksは直感的に操作ができるUIに改修されます。

また株価アプリとボイスメモアプリはiPadに対応する他、ボイスメモアプリはiCloudへのファイル保存に対応、iBooksは名称が「Apple Books」に変更などが行われます。

おやすみモードの強化と通知のグループ化機能

iPhoneが就寝を妨げないようにする機能「おやすみモード」の機能が強化され、作動中はロック画面に通知が一切表示されなくなります。おやすみモードを解除すると、作動中にキャッチした通知が一斉に表示されます。

また通知をアプリ単位でまとめることができるグループ化機能が追加され、アプリ別に通知を表示することができるようになる他、ロック画面でアプリ別に通知の頻度などの制御設定ができるようになります。

スポンサーリンク

iPhoneの使いすぎを防ぐウィークリーアクティビティ

iOS 12ではiPhoneの使い過ぎや生活とのバランスを見直すことができる機能「ウィークリーアクティビティ」が追加されます。

ウィークリーアクティビティではiPhoneの使用時間やアプリごとの使用時間の割合、通知によって注意を惹いているアプリを確認することができます。

他にもアプリや端末自体に使用時間の設定ができるようになる他、親の端末で子の端末の使用時間等の確認、アプリの使用許可、コンテンツごとの年齢制限、アプリの使用時間制限等の設定ができます。

アニ文字が「舌」を認識できるようになり、オリジナルのアニ文字「MeMoji」の作成が可能

アニ文字の機能が強化され「おばけ」「コアラ」「トラ」「恐竜」が追加され、新たに使用者の「舌」を認識してアニ文字に反映されるようになります。

また顔や髪型、アクセサリーなどを選択することでオリジナルのアニ文字を作ることができる「MeMoji」が追加されます。作成したMeMojiは通常のアニ文字と同様に使うことができます。

メッセージアプリのカメラ機能でエフェクトやスタンプが利用可能に

メッセージアプリでカメラを起動すると、新たにリアルタイムエフェクトやスタンプ、アニ文字を使った合成写真などを撮影できるようになります。

FaceTimeが最大32人のグループ通話に対応

Face Timeが最大32人のグループ通話に対応します。グループ通話画面はボックスデザインになっており、発言している人の映像が大きく自動表示されるデザインになっています。(手動で拡大表示することも可能)

またメッセージアプリとも統合され、グループチャットから直接Face Timeのグループ通話に参加することもできます。

iOS 12はiPhone 5sであればアップデート可能

iOS 12はiOS 11にアップデートできる端末、iPhone 5s以降であればアップデートが可能です。詳しくは以下の記事で解説しています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top