楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS12】iPhoneでアプリの使用時間帯をスクリーンタイムで制限する方法

スポンサーリンク

iOS12で追加されたスクリーンタイムで、「アプリを時間帯で使用を制限する」ことができるようになりました。

お子さんにiPhoneやiPadを貸与したものの、夜遅くのゲームやSNSで日常生活に支障をきたす場合などに「夜10時以降はゲームとSNS禁止」が簡単にできるようになりました。

必要に応じてスクリーンタイムのロックをオンにする

スクリーンタイムを使ってアプリの使用時間帯を制限する前に、使用時間を無断で無視する操作を防ぐ場合は、設定スクリーンタイムスクリーンタイム・パスコードを使用をオンにして、専用のロックパスコードを作成してください。

これでパスコードを設定した本人の許可が無い限りは、無断でアプリ使用時間の制限や時間帯による制限を解除、延長することができなくなります。

アプリの使用時間帯を制限する

設定スクリーンタイム休止時間をオンにすると、アプリの使用を制限する時間帯を設定することができます。

またスクリーンタイムのロックがオンの場合のみ、パスコードを設定した本人の許可無く、制限時間の延長や解除を防ぐことができる休止時間中にブロックをオンにできます。

スポンサーリンク

使用時間帯の制限中に許可するアプリを追加する

アプリの使用時間帯の制限中は、許可されているアプリのみ起動することができますが、電話アプリのみ必ず起動できる仕様です。

初期設定ではメッセージ、Face Time、マップも起動できますが、これらは以下の手順で制限対象に変更することができ、また他のアプリを許可することも可能です。

設定スクリーンタイム常に許可を開き、制限中に許可するアプリの+ボタンをタップ。ーボタンをタップすると制限することができます。

アプリの使用時間帯が制限されているとどうなるのか

スクリーンタイムでアプリの使用時間帯が制限されている場合、以下の画像のようにホーム画面のアプリは暗くなり、起動しても「時間制限 “アプリ名”の制限時間を超えました」と表示され、一切使用することはできません。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top