楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS12で機能制限「アプリの削除」を変更する方法

iOS12では、従来の機能制限がスクリーンタイムに統合され、アプリの削除を制限する設定項目アプリの削除(Appの削除)が移動しました。

「Appの削除」や「アプリの削除」で設定内を検索しても見つからないので、アプリの削除(Appの削除)を探すのに一苦労するユーザーも多いようです。

スポンサーリンク

「アプリの削除」の制限はより深い階層に移動

iOS11以前の場合、設定一般機能制限Appの削除でアプリの削除を制限(禁止)することができました。

iOS12以降では、設定スクリーンタイムコンテンツとプライバシーの制限をタップ。

iTunesおよびApp Storeでの購入に「Appの削除」の設定項目があり、スイッチをオフにすることで制限を解除できます。もし制限自体を解除するのであれば、コンテンツとプライバシーの制限をオフにすると良いです。

iOS12アップデート後、スクリーンタイムの設定変更時にスクリーンタイムパスコードを要求される場合は、アップデート以前に使用していた「機能制限パスコード」で解除が可能です。

中には機能制限パスコードを意図せず設定してしまった場合などもあるようで、そういった場合は”1111″やiPhone本体のロックパスコード(4桁)を設定していた..とのユーザーも多いです。

詳しくはこちらの記事「iOS12でスクリーンタイムパスコードが勝手に設定されわからない時の対処法」で解説しています。

著者情報

Ryo
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合や障害情報、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」の著者。iPhone 4の頃からiOSテクニック、不具合の対処法を中心に記事を書いてます。

運営ポリシーは、不具合の原因や対処に役立つ情報を一つでも多く集め、一人でも多くの人に役立てて貰える記事を公開すること。

コメント(承認制)

*

Return Top