楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS12でスクリーンタイムパスコードが勝手に設定されわからない時の対処法

スポンサーリンク

TwitterなどSNSでiOS12アップデートを適用するユーザーを多く見かけるようになりましたが、それと同時に「スクリーンタイムパスコードが勝手に設定された」「スクリーンタイムパスコードがわからない」といった声が見受けられます。

今回はiOS12アップデート適用後、勝手にスクリーンタイムパスコードが設定されてしまい、わからない時の対処法を解説します。

機能制限パスコードがスクリーンタイムパスコードに

iOS11以前では、機能制限の設定変更を防ぐ「機能制限パスコード」を設定できましたが、iOS12では新機能「スクリーンタイム」に機能制限機能が統合され、機能制限パスコードはスクリーンタイムパスコードに継承されています。

また実機検証はできていませんが、機能制限を利用していない場合でもアクセスガイド機能でパスコードを利用していた場合、アクセスガイドのパスコードがスクリーンタイムパスコードに継承されるとの情報(米AppleSupportCommunity)もあります。

もしiOS12アップデート後にスクリーンタイムパスコードが要求される場合は、iOS12アップデート前の「機能制限パスコード」もしくは「アクセスガイドのパスコード」を入力することで、概ね解除できるかと思います。

スクリーンタイムパスコードの設定は「設定」→「スクリーンタイム」から。
スポンサーリンク

機能制限パスコードでは解除できないケース

これまでにスクリーンタイムパスコードに関連するAppleサポートコミュニティ等の投稿をいくつも見てきましたが、一部で「機能制限を利用していないにスクリーンタイムパスコードが設定されていた」といった声がありました。

これは“偶発的に機能制限パスコードを設定してしまった”“機能制限パスコードを設定したこと自体を忘れた”“アクセスガイドパスコードを設定していた”など、様々な原因が考えられます。

こうなってしまった場合、推測でパスコードを入力するほかありませんが、次のようなパスコードを入力することで解除できたケースもあるようです。

  • 以前使用していたiPhoneの4桁のロックパスコード
  • “0000”や”1111″等の連番
  • キャリアショップ契約時の暗証番号

ただし、必ずしもスクリーンタイムパスコードに設定されているとは限らず、何度も入力に失敗してしまうと”待機時間”が設定されてしまうため、試す場合は慎重に行ってください。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 通りすがりのもの

    スクリーンタイムのパスコードはiPhoneの4桁コードを入力したところ解除できました。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top