楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】アプリをアップデート前のバージョンに戻す方法

今回はアップデートしてしまったアプリを1つ前のバージョンに戻す(バージョンダウンをする)方法を紹介!
「AppStoreでアプリをアップデートしたけど、今回のバージョンには不具合が・・」
なんて時はアップデート前に戻してしまえば安心!

iTunesのアプリ保存場所

今回の方法ではパソコンとiTunesを使用します。
PC版iTunesのiPhoneアプリの保存場所は、

・MAC
HOME/ミュージック/iTunes/Mobile Applications/

・WINDOWS
C:/Documents and Settings/ユーザー名/My Documents/My Music/iTunes
/Mobile Applications
※デフォルト設定の場合のみ。

に「.ipa」という拡張子のファイルが保存されています。

同期&転送

iPhoneのアプリをiTunesに転送するとどのように動作をしているかというと、

iPhoneからアプリを転送(同期)

iTunesでアプリを受け取る

受け取ったアプリがMobileApplicationsに存在する場合、既存のアプリデータをゴミ箱に送る

iPhoneから受け取ったアプリをMobileApplicationsに保存

※実際のデータの流れは若干異なると思いますが、イメージ的にはこのような流れ。

太字にした既存のアプリデータをゴミ箱に送っている部分が今回のポイント!

スポンサーリンク

アップデート前のバージョンに戻す方法

既にAppStore経由でアプリのアップデートが終わった段階から解説を進めていきます。

iPhoneとPCをLightningケーブルで接続し、iTunesから接続しているデバイスを右クリック

「同期」をクリック

同期が終わり次第、「購入した項目を転送する」をクリック

iPhoneでアップデートしてしまったアプリを削除する

ゴミ箱にアップデート前のアプリファイル(.ipa)が送られているので、デスクトップ等の適当な場所に移動させる

アップデート前のアプリ(.ipa)を開くと、画像のようなダイアログが表示されるので、「置換」をクリック

再度iTunesでiPhoneの同期を行う

iTunesのAppタブを開き、アップデート前のアプリの「インストール」をクリック

右下の適用をクリック

AppStoreのアップデート画面を確認すると、過去のバージョンに戻ったので、再度アップデートとして表示されるようになります!

不具合等があった場合に!

アプリのアップデートにより新たにバグが発生する事は少なくありません。
万が一アプリが正常動作しなくなってしまった場合は、この方法でアップデート前に戻してみてくださいね。

著者情報

Ryo
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合や障害情報、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」の著者。iPhone 4の頃からiOSテクニック、不具合の対処法を中心に記事を書いてます。

運営ポリシーは、不具合の原因や対処に役立つ情報を一つでも多く集め、一人でも多くの人に役立てて貰える記事を公開すること。

コメント(承認制)

*

Return Top