楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】ミュートが効かない、ミュートしたキーワードが表示される不具合と対処

2021年2月19日頃より、Twitterで「ミュートワードが効かない」「ミュートがすり抜ける」「ミュートが無効になっている」など、指定したキーワードを含むツイートをタイムラインに表示しないミュート機能が動作しない不具合を報告する声が増えています。

ミュートが効かない、ミュートキーワードが表示される不具合

iOS版Twitterアプリでは、指定したキーワードを含むツイートをTLや通知を表示しないミュート機能(設定設定プライバシー通知ミュート中)を使用できますが、iOS版Twitterアプリのver.8.54アップデートがリリースされた頃から、ミュートキーワードを含むツイートがタイムラインや通知として表示されるようになったユーザーが急増しています。

スポンサーリンク

ミュート対象を「すべてのアカウント」に変更で対処

Twitterアプリアップデート適用後、もしミュートキーワードを含むツイートがタイムラインに表示、通知として受信する場合は以下の手順でミュート対象を「すべてのアカウント」に変更することで改善する場合があります。もし複数のミュートキーワードを設定している場合は、以下の手順をミュートキーワードごとに設定するようにしてください。

  1. Twitterアプリの左上、メニューボタンをタップ
  2. 設定とプライバシーをタップ
  3. 通知をタップ
  4. ミュート中をタップ
  5. ミュートするキーワードをタップ
  6. 設定を変更したいミュートキーワードをタップ
  7. すべてのアカウントをタップしてチェックを入れる
  8. 画面右上の保存をタップ

ホームタイムラインのみをミュート対象としている場合

すべてのアカウントは、ミュート対象で通知スイッチをオンにした場合のみ表示されます。

もしホームタイムラインのみを対象としたミュートキーワードの場合は、一度通知スイッチをオンにしてすべてのアカウントにチェックを入れ、通知スイッチをオフに戻して保存するようにしてください。

コメント(承認制)

*

Return Top