SBAPP

【Twitter】鍵垢でスペースできない問題が発生、スペースのホストになる方法について

2022年7月22日頃より、Twitterで鍵垢(非公開アカウント)でスペースを開始できない問題が発生しており、ユーザーから「鍵垢でスペースできなくなった」「鍵垢でスペースが開けなくなった」との声が増えています。

鍵垢でスペースを開始できるアカウントが急増していた

Twitterで音声によるリアルタイム会話ができる機能「スペース」は、鍵垢(非公開アカウント)でホストとなり開始することはできませんでしたが、2022年6月頃頃から鍵垢でもホストとしてスペースを開始できるアカウントが増えていました。

スポンサーリンク

通常の方法では鍵垢がスペースを開始できない仕様に変更

2022年7月下旬頃、スペースをホストとして開始できる要件が以前の仕様に戻され、鍵垢(非公開アカウント)ではスペース開始ボタンが表示されなくなり、通常の方法ではホストとしてスペースを開始できなくなりました。

鍵垢でホストとしてスペースを開始する方法について

鍵垢(非公開アカウント)でホストとなりスペースを開始したい場合は、アカウントの鍵を一時的に外すか、Twitterアプリの起動直後に投稿ボタンを長押しすることでスペースを開始できます。

なお、執筆時点では最新バージョンのiOS版Twitterアプリでは、以下の手順でTwitterアカウントの鍵(非公開設定)を解除できます。

  1. Twitterアプリを起動する
  2. アプリ左上のプロフィールアイコンをタップ
  3. 設定とプライバシーをタップ
  4. プライバシーと安全をタップ
  5. オーディエンスとタグ付けをタップ
  6. ツイートを非公開にするをオフにする
  7. ホームに戻り投稿ボタン(+)を長押し
  8. スペース開始ボタンをタップして、スペースを開始する
  9. 手順2~6の順でツイートを非公開にするをオンに戻す

鍵垢(非公開設定)を解除したくない場合は、マルチタスク画面(Appスイッチャー画面)を開きTwitterアプリを完全に終了させ、Twitterアプリを開いた直後すぐに投稿ボタン(+)を長押しすることで、鍵垢でもスペース開始ボタンが表示できる場合がありますが、今後のアップデート等で対策される可能性があります。

コメント(承認制)

*

Return Top