楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【マイナポータル】署名用電子証明書が失効しています、エラーコード115で申請できない原因

政府が運営するオンラインサービス「マイナポータル」で特別定額給付金の申請を行われている方から、申請画面の電子署名の付与画面で『署名用電子証明が失効しています』『カードの読み取りに失敗しました 〜エラーコード「115」』が表示され申請できないとの声が増えています。

エラー「署名用電子証明書が失効」により申請できない

マイナポータルの特別定額給付金の申請をする場合、電子署名をするステップでマイナポータルAPを使いマイナンバーカードを読み取る必要がありますが、マイナンバーカードの署名用電子証明書が失効していると『署名用電子証明が失効しています』『カードの読み取りに失敗しました 〜エラーコード「115」』が表示され申請が完了しない場合があります。

署名用電子証明書が失効しています。市区町村の窓口で電子証明書の発行手続を行ってください。

カードの読み取りに失敗しました。
お手数ですが画面上部または下部「お問い合わせ」よりヘルプデスクへご連絡いただき、エラーコード「115」をお伝えください。

「エラー115」の表示は、引越しなどにより電子証明書が失効している場合に表示されます。お住まいの市区町村の窓口で、電子証明書の再発行を受けることができますので、お住まいの市区町村にお問い合わせ下さい。

また一部では、署名用電子証明書が失効していると最初の画面に戻る事例も報告されています。

上記エラーが表示され手続きが完了しない場合、もしくは手続きのトップ画面に戻される場合は、以下の理由等によりマイナンバーカードの「署名用電子証明書」が失効している可能性があります。

スポンサーリンク

署名用電子証明書が失効する条件、転入時は要注意

マイナンバーカードには「利用者証明用電子証明書」と「署名用電子証明書」の2種類があり、マイナポータルにログインする際には利用者証明用電子証明書、給付金の申請では署名用電子証明書があわせて必要となります。

マイナンバーカードの電子署名が失効する条件として、電子証明書の失効申請をした場合、住民票の氏名・生年月日・性別・住所の記載が修正された場合(署名用電子証明書のみ失効)、電子証明書の有効期間が満了した場合などが挙げられます。

この中でも特に注意が必要なのが、転居(引っ越し)等により住民票の住所の記載が修正された場合です。

多くの自治体では転入する際に役所でマイナンバーカードの登録情報(住所等)を更新するよう案内されると思いますが、住所変更だけでは利用者証明用電子証明書のみ継続となり、新しい署名用電子証明書の発行を申請しなければ『署名用電子証明書』は失効します。

引越しや結婚を行なっても電子証明書は引続き有効ですか?
A:署名用電子証明書は使えなくなります。署名用電子証明書は利用者の氏名、住所、生年月日、性別が記載されており、引っ越し等をすると電子証明書の記載と住民票の記載内容が異なることになるため、失効します。転入届や婚姻届を提出される際に新しい署名用電子証明書の発行を申請してください。
一方、利用者証明用電子証明書については、利用者の氏名、住所、生年月日、性別は記載されないので、引っ越しや結婚によっても失効しません。

引用:公的個人認証サービス

マイナンバーカードの電子署名(利用者証明用電子証明書・署名用電子証明書)が失効する条件

  • 電子証明書の失効申請をした場合
  • 住民票の氏名、生年月日、性別、住所の記載が修正された場合(署名用電子証明書のみ失効)
  • 電子証明書の有効期間が満了した場合
  • 本人が亡くなった場合
  • マイナンバーカードが失効している場合(転入時の継続利用申請をしていない、転入届けの放置、国外転出など)

署名用電子証明書が失効している場合、マイナポータルで特別定額給付金の申請をするには役所の窓口で新しい署名用電子証明書の発行を申請するしか対処法はありません。

もし署名用電子証明書の有効性を確認したい場合は、以下のJPKI利用者ソフトを使った方法で確認できます。

JPKI利用者ソフトで署名用電子証明書の有効性を確認する

マイナンバーカードの署名用電子証明書の有効性(失効していないか)を確認したい場合、App StoreやGoogle Playで配信されている「JPKI利用者ソフト」で確認できます。手順は以下を参考にしてください。

JPKI利用者ソフトアプリ(ダウンロードリンクは記事下部)で自分の証明書証明用電子証明書の順にタップし、マイナンバーカードとスマートフォンを重ねるように置き読み取りをタップ。続けて署名用パスワード(英数字6~16文字)を入力してOKをタップ。

電子証明書の内容が表示されたら青文字の有効性確認をタップし、先ほどと同じ手順で署名用パスワードの入力〜決定をすると、有効性が表示されます。

App Storeで「JPKI利用者ソフト」をダウンロード

Google Playで「JPKI利用者ソフト」をダウンロード

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 失効手続きしていないのに申請できず困っていましたが、転居した時に手続きしていないことに気づきました。ありがとうございます。

  2. とてもわかりやすく助かりました。
    ありがとうございました。

コメント(承認制)

*

Return Top