楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【LINE】iOS13で不在着信になる問題、スクリーンタイム「常に許可」の追加による改善例

【LINE】iOS13で不在着信になる問題、スクリーンタイム「常に許可」の追加による改善例
スポンサーリンク

iOS13以降の一部のiPhoneで、LINEの着信が鳴らない、LINEが不在着信になる、LINEアプリを起動した時に一瞬だけ着信が鳴る等の問題が報告されていますが、スクリーンタイムの「常に許可」にLINEを追加することで改善した事例が報告されています。

iOS13以降、LINEが不在着信になる、一瞬だけ着信が鳴る等の問題が報告

iOS13以降、一部でLINEの着信が表示されない、LINEを起動すると不在着信通知が表示される、一瞬だけ着信が鳴る等の問題が報告されています。

対処法は前回の記事で解説したiPhoneの基本通話と統合のオンオフ等になりますが、対処法を試したユーザーからの改善報告がある一方で試しても改善しなかったとの声もあり、現在も決め手となる確実な対処方法が見つかっていません。

考えられる対処法の候補(優先度順)

  • App StoreでLINEアプリを最新バージョンにアップデートする(AppStoreTodayタブ画面右上プロフィールアイコン画面を上から下に引っ張る→LINEのアップデートをタップ)
  • LINEアプリ内の設定通話通話の着信許可を一度オフにしてオンに戻す
  • LINEアプリ内の設定通話iPhoneの基本通話と統合を一度オフにしてオンに戻す
  • マルチタスク画面でLINEアプリを完全終了してLINEアプリを再起動する
  • iPhoneを再起動する
  • LINEアプリの再インストール(要トークのバックアップ等)
スポンサーリンク

スクリーンタイム「常に許可」にLINEを追加する

筆者が所有しているデバイスでは不在着信になる問題を再現できていないため、あくまで参考情報といった形にはなるものの、スクリーンタイムの常に許可にLINEを追加することで改善したとの声が数日前から数件程度あがっています。

実際に上記のように改善したとの声があるので、もしLINEの着信不具合でお困りなのであれば、試しに設定スクリーンタイム常に許可でLINEを追加してみてください。

スクリーンタイムの常に許可をする手順

スクリーンタイム「常に許可」とは?LINEの着信動作について

スクリーンタイムの「常に許可」は、スクリーンタイムの「休止時間」や「使用時間の制限中」の制限から指定アプリを除外する設定になります。

もし使用時間の制限中にLINEに着信が届いた場合は、着信画面が表示されるものの受話することはできず、相手側のlINEには「相手のマイクに問題が生じたため〜」とエラーが表示され数回コールした後に切断されるようです。

いずれにしても、スクリーンタイムの影響等により「不在着信通知が届く」「一瞬だけ着信が表示される」などの現象は実機で再現できていません。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. iOS13.2.2にアップデート後、LINE不在着信の不具合に悩まされここに辿り着きました。
    何を試してもダメでしたが私の場合、LINE→通話→iPhoneの基本通話と統合をオフにすると改善されました。
    しかし再びオンにすると不在着信になります。

  2. アバター
    By ヤマモト モトヒロ

    私もios13以降line電話の着信音が鳴らず受信を受けれません状態で困っておりました。
    そこで、「LINE→通話→iPhoneの基本通話と統合をオフにする」を試しましたら何と
    着信音が鳴るようになりました。
    しかし、受信するためにはiPhoneのロック状態を解除しなければならず手間がかかり不便です。
    早くiosの不具合を改善して欲しいものです。

コメント

*

Return Top