SBAPP

【Instagram】下書き保存できない不具合の詳細と対処について(2022年8月20日)

2022年8月頃より、Instagramアプリで下書きを保存できない不具合が生じており、一部のユーザーから「インスタで下書き保存できない」「Instagramで下書き保存出来なくなった」などの声が急増しています。

インスタで下書きが保存できない不具合が発生

iOS版Instagramアプリ(ver.248.1)で写真を複数枚添付した投稿が下書き保存できない不具合が発生しており、投稿作成画面でキャプションを入力し元の画面に戻っても、下書き保存のメニューが表示されない場合があります。

このまま戻ると、編集内容は破棄されます。

破棄
下書き保存
キャンセル

キャプションのみ入力された投稿が下書き保存できない

執筆時点では最新バージョンとなるiOS版Instagramアプリ(ver.248.1)で確認したところ、写真を複数枚添付した投稿を下書き保存する場合、キャプションのみ入力しただけでは下書き保存のメニューは表示されず、タグ付け、場所を追加、フィルター加工のいずれかを行うことで下書きとして保存することができました。

なお、写真を1枚のみ添付した投稿であれば、従来どおりキャプションのみ入力するだけで下書き保存のメニューが表示されます。

スポンサーリンク

インスタアプリの不具合、アップデートによる対処を待つ

今回の問題は特定条件(写真を複数枚添付したキャプションのみ入力された投稿)のみ発生し、写真を1枚のみ添付した投稿では問題が発生しないことから、Instagramアプリの不具合である可能性が高く、Instagramアプリのアップデートによる対処を待つ必要があります。

インスタにフィードバックを送る手順について

Instagramアプリでは以下の手順でフィードバックを送ることができるので、もし現状が不便に感じるのであれば下書き保存機能において問題が発生している旨を送信するようにしてください。今後のアップデートによる対処に役立てられる場合があります。

  1. Instagramアプリ右下のプロフィールアイコンをタップ
  2. 右上のメニューボタンをタップ
  3. 設定をタップ
  4. ヘルプをタップ
  5. 問題を報告をタップ
  6. フィードバックをタップ
  7. 送信をタップ

コメント(承認制)

*

Return Top