楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Googleアプリが落ちる、開けない不具合が発生(2021年11月10日時点)

2021年11月10日現在、iOS版Googleアプリで最新アップデート(バージョン185.0)適用後、Googleアプリが落ちる不具合が報告されており、一部ユーザーから「Googleが開けなくなった」「Googleアプリが起動できない」等の声が相次ぎ挙がっています。

アップデート適用後からGoogleアプリが落ちる不具合が発生

2021年11月9日、iOS版Googleアプリでバグ修正やパフォーマンス改善を含む最新アップデート(バージョン185.0)が配信されましたが、一部でアップデート適用後からGoogleアプリがクラッシュする不具合が発生しており、Googleアプリが起動直後に落ちる、開けない等の問題が報告されています。

• バグの修正とパフォーマンスの改善を行いました。
Google では、アプリの速度と安定性の向上に絶えず取り組んでいます。アプリのレビューや評価をぜひお寄せください。

旧バージョンを使用中の場合はアップデートを控える

TwitterではiOS版Googleアプリがクラッシュすると報告する声が続々挙がっており、とくに「アップデート適用後から起動できなくなった」との声が多いです。

最新アップデート適用後も正常に動作する(Googleアプリが起動できる)場合もありますが、もし旧バージョンのGoogleアプリをインストールしている場合は、問題が改善するまでアップデートを控えることをお勧めします

Googleアプリが落ちる時の対処について

iOS版Googleアプリがクラッシュする不具合は過去にも報告されており、Googleアプリの再インストール、iPhoneの再起動、ストレージ容量の確保(空き容量が少ない場合のみ)で改善する場合があります。

Googleアプリの再インストール

Googleアプリの再インストール方法は2通りあり、アプリ内に保存されたローカルファイル(書類とデータ)を保持できるAppを取り除く方法、アプリに関連するデータを削除し完全にクリーンな状態になる削除を使った方法があります。

もしGoogleアカウントでログインせずに利用しており、ブックマークやパスワード等を同期していない場合は、アプリ内の書類とデータが維持されるAppを取り除く方法、Googleアカウントでログイン済みでアプリ内に保存されているデータが不要であれば削除による完全な再インストールを試すようにしてください。

※ Appを取り除く方法を使う場合、アプリ内に保存されている書類とデータは消えませんが、万が一に備えてブックマークや保存されたパスワード等は別の場所にバックアップを作成してから試すことを強くお勧めします。

スポンサーリンク

Appを取り除くを使った再インストール手順

  1. 必要に応じてブックマーク等のバックアップを作成する)
  2. iPhoneで設定を開く
  3. 一般をタップ
  4. iPhoneストレージをタップ
  5. 再インストールしたいアプリの項目(Google)をタップ
  6. Appを取り除くをタップ
  7. 「〜を取り除くと、App〜保持されます。」と表示されるのでAppを取り除くをタップ
  8. Appの取り除き(ぐるぐるマーク)の完了後、Appを再インストールをタップ

アプリの削除を使った再インストール手順

  1. 必要に応じてブックマーク等のバックアップを作成する)
  2. ホーム画面、もしくはAppライブラリの画面で再インストールするアプリ(Google)を長押し
  3. Appを削除をタップ
  4. 「〜を取り除きますか?」もしくは「〜を削除しますか?」と表示されるので削除をタップ
  5. App Storeからアプリをダウンロードし、再インストールする

クイック検索で検索できる場合も(2021年11月11日)

Googleアプリが起動直後に落ちる場合、ホーム画面やAppライブラリ画面でGoogleアプリを長押しし、メニューからクイック検索をタップすることで起動できる場合があります。

Googleが落ちる、検索できない不具合が再急増(2021年11月21日)

当記事公開後、まもなくして不具合を報告する声が収束しつつあったものの、約10日後の2021年11月21日頃より再び問題の報告が急増しています。詳細は以下の記事にて。

関連記事【iPhone】Googleが落ちる、Google検索できない不具合の詳細と対処について

コメント(承認制)

*

Return Top