楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Safariのパスワード自動入力機能にアカウント情報を記憶させる方法

045_fukugen
スポンサードリンク

iOS版のSafariには、WEBサービスで利用するアカウント情報(ID/パスワード)を記憶する「パスワード自動入力機能」が備わっています。しかしこの機能にはデメリットがあり、デバイスのパスコードロックがオフの状態だと記憶内容が閲覧できることから「危険」との見方もありますが、デバイスにしっかりとパスコードロックを掛けている限り危険性は低いと考えて良いかと思います。

そんな賛否両論のパスワード自動入力機能ですが、今回はアカウント情報を新たに記憶させる方法を解説します。ちなみにSafariでアカウント情報を初めて入力した時に表示される「このパスワードを保存してもよろしいですか?」で「保存しない」を選んだ場合でも、新たに記憶させることが可能です。

Safariにアカウント情報を記憶させる手順

「設定」→「Safari」→「パスワード」の順にタップ。
1_password_up

一番下までスクロールして「パスワードを追加」からアカウント情報と使用するWEBサイト(ドメイン※)を入力して「完了」をタップ。
※ Amazonであれば「amazon.co.jp」
2_password_up

Safariでアカウント情報を使用するWEBサービスでキーボードを表示させ、「パスワード」をタップすると登録した情報を自動で入力することができます。
3_password_up

この機能を使用する際は、必ず本体のパスコードロックをするようにしてください。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top