楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS11】iPhoneでコントロールセンターをカスタマイズする方法 ボタンの変更・追加・削除など

ios11_ControlCenter_20170920
スポンサードリンク

iOS11では数多くの機能追加、既存機能の強化が行われていますが、その中でも大きな進化を遂げたのが「コントロールセンター」

コントロールセンターは、ホーム画面の下端を上にスワイプすると起動することができる、iOSの基本機能に簡易アクセスできる、言わばランチャーのような機能でした。

iOS11では、基本機能だけでは無く、様々なアプリの機能にアクセスすることができるようになり、尚且つ自分好みにボタン(機能)の追加や削除、配置の変更が出来るようになりました。

コントロールセンターに配置するボタン(機能)をカスタムする

コントロールセンターの下段に配置されている正方形のボタンスペース(下記画像の二重枠部分)に関しては、次の方法で自由にレイアウトをカスタムすることができます。

1_ios11_ControlCenter_20170920_up_up

  1. 設定アプリコントロールセンターコントロールをカスタマイズをタップ。
  2. 2_ios11_ControlCenter_20170920_up_up

  3. 赤い-ボタンでボタンの削除、緑の+ボタンでボタンの追加、横棒3つのボタンを上下にドラッグすることで位置を変更することができます。
  4. 3_ios11_ControlCenter_20170920_up_up

  5. カスタマイズ画面とコントロールセンターの位置関係ですが、カスタマイズ画面の上から順に、左から右へボタンが4つずつ配置されます。
  6. 設定項目とボタンに番号を振ってみました。カスタマイズする際の参考にしてください。
    設定項目とボタンに番号を振ってみました。カスタマイズする際の参考にしてください。

コントロールセンターに配置したボタンは、3D Touch(画面を少し強く押す)に対応しているものもあり、例えばタイマーであれば時間の設定、カメラであればセルフィーやビデオ撮影、懐中電灯であれば明るさの設定などが出来ます。

追加したボタンは一度は押し込むよう意識すると、より便利で快適な機能を見つけることが出来るかもしれません。

コメント1件

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. コントロールセンターを開いてもロック画面でのアクセスとApp内でのアクセスという選択肢しか無く、コントロールをカスタマイズという選択肢がありません。
    どのようにすれば表示されますか?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top