楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhoneを探す】あなた居場所を監視されているかも?これに当てはまる人は注意!

スポンサードリンク

今回はiCloudサービス「iPhoneを探す」で、自身の居場所がGPS機能によって確認されている可能性がある時の特徴と、対策方法について解説します。

iPhoneを探すは紛失時に役立つサービス

「iPhoneを探す」は、iPhoneを含むApple社製のデバイスを紛失した際にデバイスの位置を調べるのに便利なアプリですが、一部では「iPhoneを探す」を使って、パートナーの居場所を盗み見するような、本来の使い方とは異なる使われ方が横行しています。

実際にYahoo!知恵袋で「iPhoneを探す 場所」と調べると、関連する質問が大量にヒットします。

もしこういったプライバシーの侵害行為に遭っているように感じるのであれば、次の事例に一致するかもしれません。

iPhoneを探すで居場所が覗かれるケースが多い事例

次の内容に当てはまる場合、もしかすると”iPhoneを探す”で自身の居場所を覗かれているかもしれません。

スポンサードリンク

  • AppleIDを第三者に作って貰った
  • 家族を含む第三者にApple IDやパスワードを教えた
  • 会社や学校からデバイスが支給され、指定のApple IDやパスワードの設定が義務付けられている
  • 突然iPhoneに「iPhoneを探す」を利用通知やメールが届いた

1〜3に関しては必ずではありませんが、4に関しては第三者がiPhoneの位置を探したことを意味しているので、次の設定を見直すようにしてください。

Apple IDのパスワードを変更する

Apple IDのパスワードは、設定アプリユーザー名パスワードとセキュリティパスワードを変更の順に進むことで変更することができます。

iPhoneを探すを無効にする

基本的にはApple IDのパスワードさえ「自分しか知らないもの」に変更することで、第三者に居場所を確認されることはありません。

ですが「iPhoneを探す」そのものに不安を感じるのであれば、設定アプリユーザー名iCloudiPhoneを探すの順にタップし、iPhoneを探すのスイッチをオフ(白色)にすることで無効にできます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top