楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】再起動と強制再起動(リセット)の違いについて 無闇な強制再起動は故障の原因に?

cat
スポンサードリンク

iPhoneの再起動方法は、主に一般的な「再起動」とデバイスを強制的に再起動ができる「リセット」がありますが、無闇に強制再起動(リセット)をしている方も意外と多いのではないでしょうか?

私自身、iPhoneを使い始めて間もないころは、デバイスを再起動する目的として「リセット」を多用していましたが、iPhoneの「再起動」と「リセット」は大きく意味が異なり、場合によってはデバイスにダメージを与えかねない行為になります。

そこで今回は、iPhoneの「再起動」と「強制再起動(リセット)」の違いについて解説します。

一般的に安全とされるのは「再起動」

iPhoneの動作が思い場合や、一部の機能が正常に動作しない場合など、どことなくデバイスの調子が悪い時に用いるのが「再起動」です。

再起動の方法は至って簡単で、iPhoneの電源スリープボタンを長押しして「スライドで電源オフ」を横にスライドし、画面が完全に消灯したら再び電源スリープボタンを長押しすることで、再起動が完了します。

デバイスの電源操作が出来る限りは、まず「再起動」を試すようにしてください。

th_dengen_iphone6p_kakou

デバイスが完全に応答しない場合に用いる強制再起動「リセット」

iPhoneが一切の操作を受付けなくなってしまった場合や、正常に再起動できない場合などに用いるのが、デバイスを強制的に再起動できる「リセット」です。

リセットは言わば、パソコンの電源を強制的にシャットダウンするようなもので、デバイスにとって良いものではありません。デバイスを操作しても一切反応が無く、どうしようも出来ない時に試すようにしてください。

強制再起動(リセット)をするには、iPhone 6s以前のデバイスの場合は「電源スリープボタン」と「ホームボタン」、iPhone 7以降の場合は「電源スリープボタン」と「ボリュームを下げるボタン」を長押しし、画面が消灯してリンゴのロゴが表示されてから指を離してください。

iPhone 7以降:「ボリューム(小)ボタン」と「電源/スリープボタン」をAppleのロゴが表示されるまで長押し。
iPhone 7以降:「ボリューム(小)ボタン」と「電源/スリープボタン」をAppleのロゴが表示されるまで長押し。

私は過去iPhoneの画面に無数の横線と英数字の羅列が表示されてしまい、デバイスが故障してしまった経験がありますが、もしかすると強制再起動(リセット)のし過ぎだったのかもしれない..と、今更ながら思います。

デバイスを長く大切に使っていきたいのであれば、無闇に強制再起動をせずに、多少面倒であっても通常の再起動をするよう心がけてみてください。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 今日の朝方いじってたら電源が落ちたまま再起動できないのですがどうしたら?

    • 電源供給(充電)した状態でも電源が付かないのであれば、ハードが故障しているかもしれません。

  2. アップデートしたらパスコードが合っているのに解除されないのですがこういう場合どうしたら良いのでしょうか

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top