楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

中古のiPhoneがアクティベーションロックされていないか確認する方法

cat (1)
スポンサードリンク

iPhoneの中古を購入検討している方は、iCloudのiPhoneを探すがオンの時に有効になる「アクティベーションロック機能」に要注意です。
アクティベーションロックがオンの端末は、初期化時に前の持ち主が使用していたApple IDとパスワードが必要になるので、前所有者にアクティベーションロックを解除してもらう必要があります。
本来は譲渡前にこれらのロックは解除しておくことが鉄則ではあるのですが、個人売買(オークションやフリマアプリ)で中古のiPhoneを購入した際に稀にアクティベーションロックがオンのまま送られてくる場合があります。
そんなトラブルを防止するには、購入前に中古のiPhoneがアクティベーションロックされていないか確認する方法が便利です。

アクティベーションロックの状況を確認する

iPhoneにアクティベーションロックが掛かっていないかどうかは、iCloud(WEB)から調べることができます。

調べるにはiPhoneの「設定」→「情報」から確認できるシリアル番号かIMEIが必要になるので、個人から中古で購入する場合は、必ず購入前にどちらかの番号を教えてもらってください。
可能であればIMEIのほうが望ましいです(後述する赤ロムチェックにも使える為)
※ iPhone本体裏にもIMEIが印字されています。
th_1

https://www.icloud.com/activationlock/にアクセスして、IMEIまたはシリアル番号と表示されたコードを入力して「次に進む」をタップ。
th_2

アクティベーションロックが有効な場合

アクティベーションロックが有効だと以下の文言が表示されます。

他の人がこのデバイスをアクティベートし、使用するには、現在のユーザーのApple IDとパスコードが必要です。

th_3

購入前にこの文言が確認できた場合は、必ず販売者に「iPhoneを探す」をオフにして貰うよう伝えてください。
もし購入後に発覚してしまった場合は、Appleの「iPhone を探す」のアクティベーションロックを無効にするを参考にしてください。

アクティベーションロックが解除されている場合

アクティベーションロックが解除されていると以下の文言が表示されます。

このデバイスは新しいユーザーがアクティベートできます。

th_5

この場合は、購入後に初期化を行っても何ら問題はありません。

シリアル番号もしくはIMEIに番号に誤りがある場合

入力した番号はAppleの記録に見つかりません。
情報確認してもう一度お試し頂くか、こちらにお問い合わせください。

と表示されるので、番号を再確認して再度試してください。
th_4

赤ロムもチェックしよう

個人から購入する場合は、必ず支払いが完済している端末なのか調べるようにしましょう。
物によっては支払いが滞納している端末「赤ロム」の場合もあり、購入後にネットワーク通信ができなくなってしまうケースもあります。
詳しい手順は以下の記事で解説しています。

【フリマアプリ】中古のiPhoneを買う時は必ずIMEI番号で赤ロムではないか確認をしよう
中古のiPhoneを購入するときは「アクティベーションロック」と「赤ロム」の2つの確認が大事。

つぶやき

kogoto_prof
iPhone 6sなどが発表されれば、1世代型落ちとなるiPhone 6やiPhone 6 Plusの中古価格も下がるので中古で購入する方も多いのではないでしょうか?
個人売買であれば相場よりも安く手に入る場合も多いですが、その分アフターサポートが充実していないので、購入後の諸トラブルについては自分で対応する必要があります。
そういったトラブルが怖いのであれば、一定期間の保証も用意されている中古取扱店舗で購入した方が安心ですよ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top