SBAPP

【Twitter】DMが送信制限される・1日20件で制限されるの?について(2023年7月24日)

2023年7月頃から、TwitterでDM送信時に「メッセージの送信に失敗しました」や「送信できません。タップしてその他のアクションを実行します。」といったエラーになり、DMが送信できない問題が報告されています。

また一部では、DMを1日あたり20件送信すると制限されるとの情報が拡散されており、ユーザーからは「1日20回DMを送信すると制限されるの?」「無課金のTwitterユーザーはDM20回までなの?」などの声が増えています。

「メッセージの送信に失敗しました」でDMが送れない

2023年7月頃から、TwitterでDMを送信しようとすると、「メッセージの送信に失敗しました」や「送信できません。タップしてその他のアクションを実行します。」といったエラーになる問題が報告されています。

メッセージの送信に失敗しました
ダイレクトメッセージを送信できません。
OK

送信できません。タップしてその他のアクションを実行します。

短時間で短文のDMを繰り返し送信すると一時的に送信制限

短時間でDMを何度も送信すると、iPhoneの場合は「メッセージの送信に失敗しました」、Androidの場合は「送信できません。タップしてその他のアクションを実行します。」といったエラーが発生します。

iOS版Twitterアプリの場合は、短文のDMを連続で20件送信すると、21件目からエラー「メッセージの送信に失敗しました」が発生しましたが、文章を変更することで数秒後には送信できるようになりました。

もしDMをチャット感覚で使用している場合は、これらのエラーが発生する可能性が高いため、DMで会話をする場合はメッセージの送信間隔に注意するようにしてください。

※ 「未認証アカウントのDM送信可能件数は、1日あたり20件まで」といった情報が拡散されていますが、このスパムを防止するための一時的な制限を「1日あたりの送信回数の制限」と誤解している可能性があります。

「認証を受けてさらにメッセージを送信する」で送信制限

Twitterは、2023年7月21日から1日あたりに送信できるDMの件数を制限しており、この制限が適用されると、DM送信時にエラー「認証を受けてさらにメッセージを送信する 1日のダイレクトメッセージ上限に到達しました。さらにメッセージを送信するには、Twitter Blueに登録してください」が発生します。

このエラーが発生した場合は、1日あたりのDM送信回数が制限されているため、翌日以降にDMの再送信を試すか、Twitter Blueへの加入を検討するようにしてください。

認証を受けてさらにメッセージを送信する
1日のダイレクトメッセージ上限に到達しました。更にメッセージを送信するには、Twitter Blueに登録してください。
認証を受ける
いいえ

未認証アカウントのDM送信回数の上限は1日90件まで

2つの未認証アカウントでDMが制限される回数を検証してみたところ、91件目のDMからエラー「認証を受けてさらにメッセージを送信する」になったため、1日あたり90件までDMを送信することができるようです。

どちらのアカウントも91件目からエラーになったため、既存アカウントでは共通の上限が設定されているものと思いますが、新規アカウントの場合は、上記よりも少ない回数で制限される可能性が考えられるので注意してください。

※ 送信回数の上限は執筆時点の検証情報となるため、今後Twitterにより変更される場合があります。

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top