SBAPP

「【マスターカード】利用いただき、ありがとうございます」詐欺メッセージの詳細と対処

2024年6月頃から、マスターカードを騙る詐欺メッセージ「【マスターカード】利用いただき、ありがとうございます。このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。」が出回っています。

「【マスターカード】利用いただき、ありがとうございます。」詐欺に注意

2024年6月頃から、マスターカードを騙る詐欺メッセージ「【マスターカード】利用いただき、ありがとうございます…」が、RCSチャット(RCSメッセージ)で出回っています。

差出人の電話番号は「+261」などから始まる、国際電話番号であることが多く、電話で折り返し連絡してしまうと、国際電話の利用料金が発生する恐れがあるため注意してください。

【マスターカード】利用いただき、ありがとうございます。このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。
ご利用確認はこちら:https://○○○○

クレジットカード番号等の窃取を目的としたフィッシング詐欺

マスターカードを騙る詐欺メッセージには、マスターカードを装ったフィッシング詐欺サイトのURLが記載されています。

フィッシング詐欺サイトでは、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコード、認証コードの入力欄が用意されており、これらの情報を入力すると不正利用される恐れがあります。

誤ってアクセスしてしまった場合は、カード番号等の個人情報は一切入力せずに、速やかにページを閉じるようにしてください。

クレジットカード番号等を入力してしまった場合、カード裏面に記載されているヘルプデスクに連絡し、フィッシング詐欺サイトでカード情報を入力した旨を報告するようにしてください。

フィッシング詐欺サイトは記事公開時点も稼働中。カード番号等を入力しないよう注意。

+261から始まる電話番号はマダガスカル、30秒あたり199円の通話料金が発生

「+261」から始まる国際電話番号は、マダガスカルの電話番号であり、後に続く番号(オペレーターコード)が32の場合は、マダガスカル国内の通信キャリア、Orange Madagascarが提供する電話番号である可能性があります。

au国際電話サービスを利用し、日本からマダガスカルの電話番号に発信した場合は、30秒あたり199円の通話料金が発生するため、電話で発信しないよう注意してください。(2024年6月時点)

オペレーター オペレータコード タイプ
Orange Madagascar 32 非地理的番号
国名 30秒あたりの通話料
マダガスカル 199円

※上記表はWikipedia及びau国際電話サービスからの引用(一部抜粋)です。

マスターカードを騙るメッセージをブロック、スパム報告する

不審な詐欺メッセージ、RCSチャットを受信した場合は、次の手順でメッセージをブロックし、スパムとして報告するようにしてください。

メッセージをブロック・スパム報告する手順

  1. Googleメッセージアプリを開く
  2. スパムメッセージ(会話)を長押し
  3. ブロックボタン(丸に斜線)をタップ
  4. スパムとして報告にチェックを入れる
  5. OKをタップ

メッセージ内からブロック・スパム報告する手順

  1. 画面右上のその他アイコン(︙)をタップ
  2. 詳細をタップ
  3. ブロックしてスパムとして報告をタップ

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top