楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】アプリの削除に制限(ロック)を掛ける設定方法

iPhoneを使っていて、うっかり大事なアプリを消してしまった(アンインストール)苦い経験はありませんか?
特にポケットの中に入れている時や操作中にうたた寝をしている時にありがちなトラブルです。
通常のアプリであればAppStoreから再ダウンロードする事で解決はするものの、LINEなどの一部データが完全に復元出来ないアプリを消してしまうと取り返しが付きません。
万が一が心配な方や過去に何度も経験した事がある人は、アプリの削除を制限(ロック)する事をお勧めします。

アプリの削除(アンインストール)を不可能にする

設定の「一般」をタップ。

「機能制限」をタップ。

「機能制限を設定」をタップ。

機能制限用パスコードを設定してください。このパスコードを忘れてしまうと機能制限を解除出来なくなるので、絶対に忘れないようにしてください。

「Appの削除」をオフにする。

ホーム画面に戻ってアプリを編集モードにしても、アプリ右上に削除ボタンが表示されなくなります。

スポンサーリンク

つぶやき


万が一機能制限用パスコードを忘れてしまった場合は、iPhoneを初期化する必要があるので注意してくださいね。
本体のロック解除パスコードと全く同じ物を設定しておけば、忘れる事も早々無いとは思います。
使いこなすと便利な機能なので、是非トラブル防止の為にも活用してみてくださいね。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top