SBAPP

【iPhone】iOS16.1.1でモバイルデータ通信量が増える不具合の詳細と対処

iOS16.1.1アップデート後、一部のiPhoneでモバイルデータ通信が多く発生する問題が発生しており、一部のユーザーから「モバイルデータ通信量を400MBも消費した」「モバイルデータ通信量が急増した」といった声が挙がっています。

iOSアップデート後にモバイルデータ通信が増加する問題

iOS16.1.1アップデート適用後、モバイルデータ通信が多く発生する問題が報告されており、iPhoneの使用頻度に関わらず数百MB~数GBのモバイルデータ通信量を消費する事例が増えています。

1日あたり300MB~1GBのモバイルデータ通信が発生する事例

iOSアップデート後にモバイルデータ通信量(設定モバイル通信システムサービスソフトウェアアップデート)が増える問題はiOS16以降から確認されており、当ブログのコメント欄に限らず、AppleサポートコミュニティやRedditなどでも報告が相次いでいる問題です。

同問題が発生すると、使用環境によっては1日あたり300MB~1GB程度のモバイルデータ通信が数日間発生する傾向があり、1ヶ月あたりのモバイルデータ通信量が限られている通信プランを利用している場合は特に注意が必要です。

iOS16にアップデート後、ソフトウェアアップデートの項目「設定→モバイルデータ通信→システムサービス→ソフトウェアアップデート」が毎日0.5ギガ~1キガ使われるようになりました。

コメント投稿者:匿名さん

スポンサーリンク

iOSアップデート後にモバイルデータ通信量が増えた時の対処

iOSアップデート後にモバイルデータ通信量が増える問題の改善には、次回以降のiOSアップデートによる対応を待つ必要がありますが、以下の操作等により改善した事例があるので試すようにしてください。

なお、3つ目と4つ目のリセットに関しては、実行後にWi-Fiやモバイル通信のネットワーク設定、iPhoneを使用する上での設定全般をやり直す必要があるので注意してください。

  • セキュリティ対応とシステムファイル(設定一般ソフトウェアアップデート自動アップデートセキュリティ対応とシステムファイル)をオフにする
  • 省データモード(設定モバイル通信データモード省データモード)をオンにする
  • ネットワーク設定のリセット(設定一般転送またはiPhoneをリセットリセットネットワーク設定をリセット)を実行する
  • すべての設定をリセット(設定一般転送またはiPhoneをリセットリセットすべての設定をリセット)を実行する

iPhoneの初期化、復元で改善したユーザーも

iOSアップデート後にモバイルデータ通信量が増えたと報告するユーザーからは、パソコンを使用しiPhoneを工場出荷時の状態に初期化し、その後iCloudからバックアップを復元したところ改善したとの声もあります。

もしiPhoneと接続可能なパソコン(Mac、Windows / iTunes)環境がある場合は時間がある時にこちらを試すのも良さそうです。なお、パソコンを使った初期化の方法はAppleサポート記事「iPhone、iPad、iPod を初期化する (工場出荷時の設定に戻す)」を参考にしてください。

PCが必要になりますが、iPhone本体単独でのリセットではなく、PCからの立ち上げでクリーンインストール、その後iCloudからバックアップデータ回復。とりあえず今の状況ではこれが一番確実じゃないかと思います。

引用:Appleサポートコミュニティ

コメント(承認制)

*

Return Top