SBAPP

【iPhone】iOS16でダークモードで壁紙を暗くする機能が消えた・無くなった問題と対処について

iOS16アップデート後、壁紙の設定から「ダークモードで壁紙を暗くする」が撤廃されたことにより、ユーザーから「ダークモードの壁紙設定は消えたの?」「壁紙のダークモードがなくなった?」などの声が急増しています。

ダークモード時に壁紙を暗くできる機能

iOS15以前では、iPhoneの設定アプリにダークモード使用時に壁紙を暗くするオプション(設定壁紙ダークモードで壁紙を暗くする)があり、オプションをオンにすることで周囲の光に応じて壁紙が暗くすることができました。

外観モードがダークの場合、周囲の光に応じてiPhoneの壁紙が暗くなります。

iOS16で壁紙のダークモードの設定が撤廃

iOS16では、設定アプリで壁紙の設定(設定壁紙)を開いてもダークモードで壁紙を暗くするのオプションが廃止されており、代わりに新しい壁紙を追加のボタンが配置されています。

また米国向けのiPhone User Guide(iOS16)では、既に壁紙の設定を解説するページから以下のダークモードに関する記述も削除されており、撤廃されたことがわかります。

Wallpaper marked with (darkmode.png) changes appearance when Dark Mode is turned on.

引用:Change the wallpaper on iPhone

スポンサーリンク

代わりとなる設定やオプションは用意されていない

iOS16時点では前述したようにオプション(設定壁紙ダークモードで壁紙を暗くする)が撤廃されており、代替えとなる機能は用意されていないので、今後のiOSアップデートで改善・復活するのを待つ必要があります。

Apple公式サイトからフィードバックを送ることもできるので、もしホーム画面が眩しく使いづらい等を感じる場合は、積極的にフィードバックの送信を検討してください。

オートメーションや写真シャッフルを代用する

夜間など暗所のみホーム画面の壁紙を暗くする方法として、iOS16で追加されたロック画面のカスタマイズ(新しい壁紙)で「写真シャッフル」を作成し、壁紙が眩しく感じる時のみロック画面をタップして暗い壁紙に手動変更する方法があります。手順は以下を参考にしてください。

  1. ロック画面でロックを解除する
  2. ロック画面の空きスペースを長押し
  3. +ボタンをタップ
  4. 写真シャッフルをタップ
  5. シャッフルの頻度をタップ時に変更する
  6. 写真を手動で選択をタップ
  7. 明るい写真と暗い写真の2枚を選択して追加をタップ
  8. 壁紙を両方に設定をタップ
  9. 作成した壁紙を選択
  10. ロック画面でタップすると壁紙が「明るい写真」と「暗い写真」で交互に切り替わります

コメント(承認制)

*

Return Top