SBAPP

【iPhone】iOS16.2でAirDropが「共有相手が見つかりません」になる原因と対処

iOS16.2アップデート後、AirDrop使用時に共有可能な相手が表示されず「共有相手が見つかりません」と表示される場合がありますが、この問題はiOS16.2で仕様変更されたAirDropの設定を変更することで改善できる可能性があります。

iOS16.2でAirDropが「共有相手が見つかりません」になる

iOS16.2アップデート後、アップデート以前はAirDropで共有できた相手であっても、iPhoneの使用状況によっては「共有相手が見つかりません」と表示され共有できない場合があります。

共有相手が見つかりません

共有可能な人が近くにいません

共有範囲が自動で「連絡先のみ」に切り替わる

iOS16.2ではAirDropの仕様が変更されており、AirDropの共有範囲を「すべての人」に設定した場合、10分経過すると自動で共有範囲が「連絡先のみ」に切り替わるようになりました。

  • AirDropの設定が10分経過すると自動的に“連絡先のみ”に戻るようになり、望まない相手からのコンテンツの受信リクエストを防止

引用:iOS16.2 リリースノート(抜粋)

この仕様変更により、望まない相手から写真などを送りつけられる機会は減りましたが、共有相手を連絡先に登録されていない場合、iOS16.2アップデート後からは「共有相手が見つかりません」と表示されることがあります。

最新のiPadで、ios16.2にアップデートしたら、AirDropの共有先がみつかりません。とでます。
色々、対処方法をためしましたが、AirDropが共有できません。対策がありましたら、教えてください。

コメント投稿者:Apple大好きさん(Thanks!)

共有範囲を「すべての人」に切り替えてAirDropを試す

iOS16.2アップデート後からAirDropで「共有相手が見つかりません」と表示される場合、次の手順で共有範囲を「すべての人」に変更することで共有できないか確認するようにしてください。

なお、以下の方法で共有できたとしても、10分経過すると共有範囲が「連絡先のみ」に切り替わるため、今後も共有することがあるのであれば、相手の連絡先を登録することを検討してください。

  1. コントロールセンターを開く
  2. 機内モード、モバイル通信、Wi-Fi、Bluetoothが配置されたボックスを長押し
  3. AirDropをタップ
  4. すべての人(10分間のみ)を選択

設定アプリ一般AirDropすべての人(10分間のみ)でも共有範囲を変更することができます。

コメント(承認制)

*

Return Top