SBAPP

【iPhone】iOS15.4.1でモバイル通信が繋がらない、モバイル通信エラーになる問題の詳細と対処

iOS15.4.1アップデート適用後、一部のiPhoneでモバイル通信に関する問題が報告されており、ユーザーから「モバイル通信が繋がらない」「圏外では無いのに繋がらない」「モバイル通信が途切れる」「モバイル通信エラーになった」などの声が挙がっています。

iOS15.4.1でモバイル通信が繋がらない、通信エラーになる不具合

iOS15.4.1アップデート適用後、一部のiPhoneでモバイル通信機能が不安定になる問題が生じており、モバイル通信が繋がらない、通信が途切れるなどの問題が報告されています。

iOSアップデート後にモバイル通信が不安定になるのは珍しくなく、iOS14以降から現在にかけてiOSアップデートが配信されるたびにSNS等で声があがる傾向があります。

  • 圏外では無いのにモバイル通信が繋がらない
  • モバイル通信が途切れる
  • 「モバイル通信をアップデートできませんでした」と表示された
  • モバイル通信の電波強度が「検索中」になる

モバイル通信が繋がらない時に試すべき対処

iOSアップデート後にモバイル通信が繋がらない、あるいは不安定になったりエラー(モバイル通信をアップデートできませんでした)が発生する場合、以下いずれかの対処で解決する場合があります。

  • iPhoneを再起動する
  • iPhoneをリカバリーモードで起動し、iOSを再アップデートする(WindowsあるいはMacが必要)
  • SIMカードを抜き差しする
  • APN設定をやり直す(手順は契約キャリアの公式サイト等を参考にしてください)
  • 設定モバイル通信ネットワーク選択自動をオフにして手動でキャリアを選択する
  • 設定一般リセットネットワーク設定をリセットを試す
スポンサーリンク

再起動で改善しない場合はiOSの再アップデート

軽度の問題であればiPhoneの再起動で改善する傾向がありますが、モバイル通信に関連するエラーが発生する場合は再起動では無く、リカバリーモードによるiOS再アップデートで改善したとの声が見受けられます。

リカバリーモードによりiOS再アップデートには、必ずWindows(iTunes)もしくはMacが必要となるため、PC環境が無い場合はiPhoneのリセット(初期化)及び復元で代用する必要があります。

以下はリカバリーモードを活用し、iOSを再アップデートする手順です。

  1. Mac、もしくはiTunes(Windows)が最新バージョンか確認、古いバージョンの場合はアップデートを適用する
  2. Macの場合はFinder、Windowsの場合はiTunesを開く
  3. iPhoneを接続して以下の手順でリカバリーモードを起動する
    1. iPhone 8 以降:音量(大)ボタンを押してすぐに放し、音量(小)ボタンを押してすぐに放す。リカバリモードの画面が表示されるまで、サイドボタンを押し続ける。
    2. iPhone 7、iPhone 7 Plus:サイドボタン音量(小)ボタンを同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまで長押しする。
  4. 「〜に問題があります」と表示されるので復元もしくはアップデートのボタンが表示されたらアップデートをタップすると、データを消去せずにiOSのみ再アップデートできます

デュアルSIMを使用している場合は一時的にSIMを入れ替え

iPhone 12以降の機種でデュアルSIMを使用している場合、一時的に主回線のSIMカードを他社SIMカードに入れ替えることで、モバイル通信機能が復旧したとの事例が複数報告されています。(iOS14以降)

  1. 圏外になった主回線SIMと副回線SIMを抜く
  2. 通信可能な他社SIMを主回線として挿す
  3. 他社SIMの主回線が電波を掴むことを確認する
  4. 主回線に挿した他社SIMを抜く
  5. 圏外になっていた本来の主回線SIM、副回線SIMを挿し直す

もし記事に記載している手順を試しても改善しない場合は、使用しているSIMやeSIMに問題がある可能性も考えられるため、契約キャリアの窓口にて通信不良を相談し、SIM/eSIMの再発行も試してください。

コメント(承認制)

*

Return Top