SBAPP

【iOS15.6】アップデート内容と変更点の詳細、不具合や評判について

iPhoneなどiOSデバイス向けにiOS15.6アップデートがリリースされました。iOS15.6では、Safariで勝手に前のページに戻される不具合の修正など、復数のバグ修正やセキュリティアップデートが行われています。

iOS15.6アップデート内容の詳細と変更点について

iOS15.6は主に不具合の修正を目的としたアップデートとなっており、ストレージの空き容量が十分にあるにも関わらず、警告「デバイスのストレージがいっぱいです」と表示される不具合の修正などが行われています。

またCVE-ID基準で39件もの脆弱性(セキュリティの欠陥)が対処されており、機密性の高いユーザー情報が漏洩するする可能性などが解決されています。

iOS 15.6には、機能強化、バグ修正、およびセキュリティアップデートが含まれます。
•TV Appに、すでに進行中のスポーツ中継を最初から再生したり、一時停止/早戻し/早送りするオプションを追加
•デバイスのストレージに空き領域がある場合でも、“設定”に“デバイスのストレージがいっぱいです。”と表示され続けることがある問題を修正
•“メール”でテキストをナビゲートしたときに点字デバイスの動作が遅くなったり、反応しなくなったりする可能性がある問題を修正
•Safariのタブが前のページに戻されることがある問題を修正

「デバイスのストレージがいっぱいです。」と誤表示される不具合の修正

デバイスのストレージ容量の空きが十分にあるにも関わらず、設定アプリに空き容量の警告「デバイスのストレージがいっぱいです。」が表示される不具合がiOS15.6で修正されました。

もしiOS15.6未満のデバイスでストレージ容量の警告が誤表示されている場合は、iOS15.6アップデートを適用すると警告メッセージが消える可能性があります。

Safariが勝手に前のページに戻る不具合の修正

iOS15以降、Safariでリンクを開くと勝手に前のページに戻る不具合が生じていましたがiOS15.6で修正されました。

不具合は作成したタブグループで生じる傾向があるため、対処として標準タブ(○個のタブ)やプライベートタブを活用していた方も居るかとは思いますが、iOS15.6アップデート後からはタブの種類を気にせずSafariを使うことができます。

点字デバイスの動作が遅くなる不具合の修正、その他の不具合の状況

他にもメールアプリで特定の操作を実行すると点字デバイスの動作が遅くなる不具合なども修正されていますが、Appleサポート・コミュニティなどで報告が多かった以下の不具合についてはリリースノートでは言及されていません。

  • Apple Musicの再生直後、曲間が音飛びする
  • iPhoneの画面がピンク色、モザイク状になり再起動する
  • 画面左上にモザイクが掛かる
  • カメラアプリで写真を撮影すると歪む、白い光が映り込む
  • カメラアプリのピントが合わない、ボケる
  • 一部アプリの通知が届かない、鳴らない

iOS15.6で修正された脆弱性とセキュリティアップデート詳細

iOS15.6は脆弱性(セキュリティの欠陥)の修正が多く含まれており、CVE-ID基準で39件もの問題がアップデートにより対処されています。

具体的にはアプリによりシステムが予期せず終了する可能性、悪意あるウェブサイトを閲覧すると機密情報が漏洩する可能性、ネットワーク上のユーザーが行動を追跡できる問題などが対処されています。

Wi-Fi

対応機種:iPhone 6s以降、iPad Pro(全モデル)、iPad Air 2以降、iPad 第5世代以降、iPad mini 4以降、iPod touch(第7世代)

影響:アプリが予期せぬシステム終了を引き起こしたり、カーネルメモリを書き込んだりする可能性があります。

説明:この問題は、チェックを改善することで対応しました。

Safari拡張機能

対応機種:iPhone 6s以降、iPad Pro(全モデル)、iPad Air 2以降、iPad第5世代以降、iPad mini 4以降、iPod touch(第7世代)。

影響:悪意あるウェブサイトを閲覧することで、機密情報が漏えいする可能性があります。

説明 この問題は、UI の取り扱いを改善することで対処しました。

ソフトウェアアップデート

対象製品:iPhone 6s以降、iPad Pro(全モデル)、iPad Air 2以降、iPad 第5世代以降、iPad mini 4以降、iPod touch(第7世代)。

影響:ネットワーク上の特権的な立場にある悪意あるユーザーが、ユーザーの行動を追跡することができます。

説明:この問題は、ネットワーク上で情報を送信する際に HTTPS を使用することで対処しました。

なお、iOS15.6で行われたセキュリティアップデートの全文は「About the security content of iOS 15.6 and iPadOS 15.6」にて確認できます。

iOS15.6で発生・確認された不具合の情報について

情報提供のお願いについて

iOS15.6アップデートで不具合が発生した場合は詳細をコメント欄で共有して頂けると幸いです。なお、コメントは全て拝読していますが、不適切な言葉を含むコメントについては取り下げたり、不適切な言葉を伏せ字などで訂正し掲載する場合があります。コメント欄は承認制となっておりコメント欄に反映されるまで時間を要する場合があります。

スポンサーリンク

バッテリーパフォーマンスの低下が報告(2022年7月29日)

iOS15.6アップデート後、一部のiPhoneでバッテリーパフォーマンスの低下が報告されています。

アップデート適用から最大48時間程度はバッテリーを多く消耗する場合があるものの、一部では写真アプリがバックグラウンドで長時間動作し続ける等の事例が報告されています。

アップデート適用から丸2日経過してもバッテリーの減りが早い場合は、アプリごとのバッテリー使用状況を確認し、写真アプリがバックグラウンドで長時間動作している場合は、低電力モードを解除し電源に接続し、数時間程度様子を見るようにしてください。詳細はこちらの記事にて「【iPhone】iOS15.6でバッテリーの減りが早い・長持ちしない問題の詳細と対処」。

Safariのよく閲覧するサイトが消えない問題(2022年7月29日)

iOS15.6アップデート後、Safariのトップページで「よく閲覧するサイト」を長押しし削除しても、Safariを再起動すると「よく閲覧するサイト」が再表示、復活する問題が宝庫奥されています。

対処としては履歴とWebサイトデータを消去、もしくは「よく閲覧するサイト」自体を非表示にする必要があります。詳細はこちらの記事にて「【iPhone】iOS15.6でSafariのよく閲覧するサイトが消えない不具合の詳細と対処」。

iOS15.6アップデートの評判や感想など

TwitterなどのSNSでiOS15.6アップデートに関する評判、アップデートを適用したユーザーの声を見る限りでは、iPhoneが文鎮化(正常に起動できない)したり、モバイル通信ができないといった声は見受けられませんでした。

ただ、復数のユーザーから「アップデートに時間が掛かった」との声が多く挙がっており、iOS15.6は最近のiOSアップデートとしてはサイズが大きくなる傾向があるようなので、アップデートはWi-Fi接続可能な環境で時間に余裕があるときに行うことをお勧めします。(筆者のiPhone 12 ProはiOS15.5からiOS15.6へのアップデートでサイズが520MBとなっていました)

iOS15.6アップデート時の空き容量不足に注意が必要

iOS15以降、デバイスのストレージ容量が非常に少ない状態でiOSアップデートを実行してしまい、文鎮化やリンゴループ(再起動を繰り返す)になる事例が増えています。

もしiPhoneにストレージ不足を解消するようメッセージが表示されている、対応せず放置している場合は、空き容量を十分に確保してからiOS15.6アップデートを実行することを強くお勧めします。

iOS15.6アップデート後はバッテリーの消耗が多くなる可能性

iOS15.6アップデート適用後の48時間~1週間程度は、内部処理が発生するため通常よりもバッテリーを多く消耗する場合があります。

その場合、設定アプリのバッテリー画面に「iOSをアップグレード中のためiPhoneは通常より多く使用されています。これによりバッテリーの持続時間に影響がある場合があります。」と表示されることがあるので参考にしてください。

またアップデートがされていない古いアプリを使用している場合、iOSアップデート後にバッテリーを多く消耗する場合があります。設定アプリのバッテリー画面、App毎のバッテリー使用状況を確認し、特定のアプリがバッテリーを大量に消耗している場合は、App Storeで最新アップデートが配信されていないか確認してください。

iOS15.6のバッテリーを長持ち、駆動時間を伸ばす設定等について

以下のAppleサポート・コミュニティで推奨タグが付けられた設定や使い方を見直すことで、iPhoneのバッテリーの持ち時間が改善される場合があります。

ただし、記載されている全ての設定項目を変更してしまうと不便になる恐れがあるため、「自身が不便にならない程度の設定項目」のみ試すことをお勧めします。

  • 画面ミラーリングの使用を控える
  • iPhoneを低電力モードで使用する
  • iPhoneの自動ロックを1分に設定する
  • アクセシビリティ機能「自動で電話に出る」をオフにする
  • 使用していないアプリのプッシュ通知をオフにする
  • 画面の明るさを自動設定にする(設定>アクセシビリティ>画面表示とテキストサイズ>明るさの自動調節
  • コントロールセンターから手動で画面の明るさを暗くする
  • 長時間の映像ストリーミングは可能であれば他デバイスで視聴する(テレビなど)
  • 起動したアプリをマルチタスク画面から完全に終了しない(最小化した状態で使い続ける)
  • プライバシー位置情報サービスで、アプリの設定を可能な限り「使用中のみ」に変更する
  • メールの受信頻度(フェッチ)やカレンダーのデータ取得頻度を減らす
  • 設定一般Appのバックグラウンド更新で不要なアプリをオフにする
  • バッテリー残量が20〜30%になる前に充電する
  • Wi-Fi環境がある場合は積極的に利用する
  • モバイル通信やWi-Fi通信の電波強度が低い、圏外になる場合は機内モードを使用する
  • Wi-FiやBluetoothを使用していない場合はオフにする
  • 設定モバイル通信でWi-Fiアシストを有効にする
  • 設定バッテリーバッテリーの状態に交換を勧めるメッセージ等が表示されていないか確認する
  • 設定Apple ID(自分の名前)iCloudiCloudバックアップモバイル通信経由でバックアップをオフにする

コメント&トラックバック

  • Comments ( 21 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. iPhone Xs Maxx香港版を15.6にしたらSIM2(ストッパー側)のSINが認識はするも圏外または検索中になり電波を拾わない。飛行機モードや回線のオンオフや再起動をしても何をしても無理です。
    docomo,au,softbank,海外IM全て圏外か検索中になります。
    iOS15.5にダウンロードしても使えるかわかりません。
    SIM1に差し替えると大丈夫でSIM2のストッパー側がだめです。
    原因は分かりませんが香港版の方は控えた方が良いです。

    • 面倒でしたが一度iOS15.5にダウングレードして再度15.6にアップデートしたら使用出来ました。そしてバックアップ復元でも問題ありません。
      今のところ私が所有する国内キャリアSIMと海外SIMは全て動作しております。
      私の機種だけだったのかもしれませんがご参考にして下さい。

  2. iOS15.5の頃からApple IDで表示されるデバイス情報のiPhoneの名前が勝手に変わってしまう不具合が発生しています。
    メインで使用しているiPhoneを「iPhone」、サブ機を「iPhone(2)」という名前にしているのですが、メインの方の名前が勝手に「iPhone(4)」などの名前に変わっていることがあります。
    一応、設定→一般→情報で名前を元に戻して再起動すると直るのですが、しばらくするとまた変わってしまいます。
    システムの不具合ならともかく、乗っ取りをされているのではないかなど心配です。

  3. タブグループに入れていないタブが、
    勝手に消えます。

  4. iOS15.6にアップデート後Safariでサイト表示が遅延することがある?

  5. iOS15.5 → 15.6
    (iPhoneSE2 64MB, IIJ-mio D回線)
    OTAでUpdateしました。

    発熱なし

    Safariの表示がはやくなっている?

    Strage表示 問題なし

    指紋認証 問題なし
    wallet 問題なし
    音声通話 問題なし
    カメラのピント等 問題なし

    iMessage 通知問題なし
    LINE Chat 通知問題なし
    (他の通知Off)

    Battery
    23日21時 90% → 4時 86%
    24日21時 99% → 5時 94%
    25日21時 84% → 5時 81%

    (SE2の15.5では約4%でした。)

    ==参考
    (iPhoneSE1 32MB, No SIM)

    ipswファイルでUpdateしました。
    特に問題ありません。

    Battery
    25日11時97% → 26日11時87%

  6.  7/23にWi-Fi接続状態で15.6へバージョンアップを試みましたが「予期せぬエラー」でバージョンアップできませんでした。そこでiTunesに接続して15.6へバージョンアップを試みましたが「エラーコード4000」でバージョンアップできませんでした。次にリカバリーモードで試みましたがアップデートできず、回復を試みるメッセージで「回復」モードになり何とか15.6へアップデートできました。
    今まで出ていたアプリ起動時にシステム強制再起動する症状は回数が激減、アプリが起動時アプリが強制終了したり、アプリ使用中にシステム強制再起動する状態です。しばらく静観することしました。
     
     次の日(7/25)は最悪の状態でアプリ起動時に強制再起動する症状が頻発するようになりました。
    昨日、リカバリーモード中、「回復」メッセージから回復モードで何とかバージョンアップできたのが原因の可能性もあり一度リカバリーモードを実施しました。
    リカバリーモード中に「エラーコード6」でiPhone8が固まり動かず、強制再起動で「復元」メッセージ、指示通り復元し、iPhone8バックアップから復元完了しました。ただ復元後、アプリ起動時にシステム強制再起動の状態であり、しばらくシステムが安定するまで静観することにしました。

     2日後(7/27)、もう一度リカバリーモードを試みました。今回はエラーなく終了しました。
    アプリ起動時にシステム強制再起動する症状は回数が激減しています。アプリが起動時アプリが強制終了したり、アプリ使用中にシステム強制再起動する状態です。完全な改善はないようです。

    やはり改善されていません。。

  7. アップデート後、一部のアイコンのバッジが出なくなりました。
    LINE、Gmail等、アプリを開かないとメッセージを受信しません。

  8. 特定のアプリが開かない
    サイドボタン押しても画面オフにならない
    電話がかかってきても反応なし
    など。
    いずれも再起動することで解消するがいつの間にか同じ現象が発生する

  9. blank
    By iPhoneSE1 ソフトバンク

    15.6にアプデ後、しばらくは普通に動作してましたが、日に日に不具合が出るようになりました。

    まず、Wi-Fiが非常に重くなりSafariが使いづらくなりました。

    ページが開けなくなったり、ページが開いたままフリーズしたりします。

    更新してもそのままフリーズしたままなので、いちいちタスクキルしないと普通に使えなくなりました。

    また、突然の電源落ちや電池持ちも悪くなり一日数回充電する羽目になりました。

    各種アプリも非常に重く使いづらくなりました。

    • 不具合追加

      使用中や充電中に本体発熱が酷くなりました。

    • 何故か100%まで充電できなくなりました。

      50%代で止まったり、80%代で止まったりで安定しません。

      そのくせ減るのが異常に速く発熱もすごいです。

  10. SE1、SE2をPCのitunesで15.6にアップデート。
    (どちらもsimフリー、
    SE2はUQモバイルで使用中)

    SE1はUSBハブに接続していたためエラーで更新出来なかったがPC本体に接続してアップデート継続、完了できた。

    どちらもアップデート後に動作が軽くなった気がする。
    SE2はメインで使っているのでバッテリーの減りが少し早く気がするが異常ではなくアップデート後すぐのときと同じく症状。

    アプリは特に問題なし。safari、Instagram、line、写真。

  11. 主にiPhone12minをWiMAX 2+ W06に接続して使用してますが、iOS15.6にupしてからWi-Fiからの電波が受信できないのか、よく通信エラーになる事があります。
    この通信エラーはWi-Fiスポットでの接続中にもありました。

  12. iOS14からiOS15.6にアップデートしたらApple Storeでのアプリの購入時にパスワードの入力ができなくなりました。(キーボードが前に出てこない。)

  13. 復活する問題が宝庫奥されています

  14. LINEで受信したメッセージが、通知では読めるのにLINE開くと途中で文章が消えてしまう現象が発生。

  15. 車のナビで bluetooth経由にてiPhoneの曲の再生が遅い

  16. 表示画面色が反転し戻らない。

  17. blank
    By 困惑の技術者

    Safariでアドレスバーの「ぁあ」部分を押してメニュー(Website View menu)を表示した場合、表示中ウェブサイトで「document.hasFocus()」判定を行うとFalse(フォーカス無し)状態になってしまう。
    しかも、この状態でサイト上のCanvas要素をタッチ/スワイプしても、フォーカス無し状態が解消されない。

コメント(承認制)

*

Return Top