SBAPP

【iOS15.2】アップデート内容と変更点の詳細、不具合や評判について

2021年12月14日、AppleがiPhoneなどiOSデバイス向けにiOS15.2アップデートをリリースしました。iOS15.2アップデートでは、iPhone 13 Proシリーズでマクロ撮影機能をControlできる機能などが追加されています。

 

iOS15.2アップデートの内容について

今回iPhoneなどiOSデバイス向けにリリースされたiOS15.2アップデートでは、SiriでApple Musicのあらゆる曲にアクセスできる「Apple Music Voiceプラン」の対応、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxでマクロ撮影をオンオフできる機能の追加などが行われています。

iOS15.2機能ごとのアップデート詳細

以下はiOS15.2アップデート内容を記したリリースノート(原文)です。iPhone 13 Proシリーズ向けに追加されたマクロ撮影のコントロール機能など、一部については後述にて詳細を解説します。

iOS 15.2では、Siriを使ってミュージックにアクセスできる新しいサブスクリプションタイプとしてApple Music Voiceプランが追加されます。このアップデートには、Appプライバシーレポートやデジタル遺産プログラム、およびiPhone用のその他の機能とバグ修正も含まれます。

Apple Music Voiceプラン

  • Siriを使ってApple Musicのあらゆる曲、プレイリスト、ステーションにアクセスできる新しいサブスクリプションタイプ
  • “Siriに話しかけてみてください”で再生履歴および“いいね”と“好きじゃない”に基づいたおすすめのミュージックを提案
  • 曲をもう一度再生する機能で、最近再生したミュージックのリストにアクセス可能

プライバシー

  • “設定”のAppプライバシーレポートを使用して、過去7日間にAppから位置情報、写真、カメラ、マイク、連絡先などにアクセスされた頻度、およびネットワークアクティビティを確認することが可能

Apple ID

  • “デジタル遺産”機能により、あなたの死後にあなたのiCloudアカウントと個人情報にアクセスできる人を故人アカウント管理連絡先として指定可能

カメラ

  • iPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro Maxで超広角レンズに切り替えて写真やビデオをマクロ撮影するためのマクロ撮影コントロール

TV App

  • “ストア”タブで、映画をすべて1か所でブラウズ、購入、レンタル可能

CarPlay

  • Appleマップで、右左折車線、中央分離帯、自転車レーン、横断歩道などの道路の情報が詳しく表示されるように機能を改良(対応している都市のみ)

機能向上

  • iCloud+のサブスクリプション登録者が一意のランダムなメールアドレスを作成できる“メールを非公開”機能が“メール” Appで使用可能
  • 省電力モード中のiPhoneを”探す”で最大5時間検出することが可能
  • “株価”で、ティッカーの通貨を表示したり、チャートを表示したときに年初来のパフォーマンスを確認したりすることが可能
  • “リマインダー”および“メモ”でタグの削除や名前の変更が可能

バグ(不具合)の修正

  • VoiceOverが動作中にiPhoneがロックされているとSiriが応答しないことがある問題
  • 他社製の写真編集AppでProRAWの写真を表示すると、露出オーバーに見える場合がある問題
  • iPhoneがロックされていると、ガレージドアを含むHomeKitシーンがCarPlayから実行されない場合がある問題
  • CarPlayで一部のAppの“再生中”情報がアップデートされない場合がある問題
  • iPhone 13モデルでビデオストリーミングAppのコンテンツが読み込まれないことがある問題
  • Microsoft Exchangeユーザのカレンダーイベントが間違った日に表示される場合がある問題

マクロ撮影モードのオンオフ切り替えが可能に

iPhone 13 Pro/13 Pro Max向けの新機能として、カメラアプリの右下にマクロ撮影をオンオフ切り替えられるボタン(花ボタン)が追加されています。

これまでマクロ撮影をオフにするには、設定アプリから「自動的でマクロに切り替える」をオフにする必要がありましたが、今後はカメラアプリ起動中に簡単にコントロールすることができます。

SiriでApple Musicを操作、Apple Music Voiceプランの対応

Appleの定額音楽配信サービス「Apple Music」の音声操作に特化した新しいプラン、Apple Music Voiceプランに対応しました。

Apple Music Voiceプランは、空間オーディオやロスレスオーディオ、歌詞などの一部機能は利用できませんが、個人プランの半額となる月額480円で利用可能です。

改善された既存機能やバグ修正について

iOS15.2では、省電力モード中のiPhoneを最大で5時間検出できるようになった他、リマインダーやメモでタグの削除や名前の変更、株価で年初来のパフォーマすを確認できるようになりました。

また複数の不具合も修正されており、CarPlayで再生中の情報がアップデート(更新)されない不具合、iPhone 13シリーズでビデオストリーミングAppのコンテンツが読み込まれない不具合、カレンダー(Microsoft Exchangeアカウント)で誤ったスケジュールが表示される不具合などが修正されています。

スポンサーリンク

iOS15.2セキュリティアップデートの詳細(追記)

iOS15.2アップデートでは、CVE-ID基準で42件もの脆弱性(セキュリティリスク)が対処されたことがAppleが公開した「About the security content of iOS 15.2 and iPadOS 15.2」により明らかになりました。

主に悪意のあるオーディオファイルや画像を処理すると任意のコードが実行される可能性、悪意のあるアプリケーションがカーネル権限で任意のコードを実行できる脆弱性などが対処されています。

iOS15.2で発生した不具合の情報

情報提供のお願いについて

iOS15.1アップデート適用後に不具合や問題が生じた場合は、詳細をコメントで提供して頂けると幸いです。「通信速度が遅くなった」「バッテリーが長持ちしない」「iPhoneが電源が落ちる」など、些細なことでも気軽に投稿して頂ければと思います。

※ コメント欄は記事の文末にありますが、今すぐコメントを投稿したい方はコチラからどうぞ!
※ コメントは全て読ませて頂いていますが、不適切な言葉を含むコメントについては承認しない場合があります。報告が多い問題については、調査次第、記事として対処など詳細をお知らせします。

iOS15.2アップデートの評判と感想

執筆時点では、iOS15.2アップデートの適用によってデバイスが使用不可(文鎮化)になる、モバイル通信が圏外になる、アップデートに失敗する(エラー)等の情報は見受けられませんでした。

また筆者環境(iPhone 12 Pro)でもiOS15.2アップデートの適用が完了しており、こちらについても特に問題は発生しておらず、正常にアップデートの適用が完了しています。

iOS版Twitterがログアウトされる事例(追記)

iOS版Twitterアプリにおいて、iOS15以降の端末で勝手にログアウトされる不具合があり、とくに「Twitterアプリのアップデート」もしくは「iOSアップデート」の直後に発生する傾向があります。

iOS版Twitterをお使いの場合でiOS15.2アップデートを適用する場合は、事前にTwitterアカウント情報(パスワード等)の確認、必要に応じて下書きや検索履歴をメモひコピペするなどして、バックアップを作成するようにしてください。

iOS15.2でバッテリーの減りが早い問題が発生した場合

iOSアップデート適用長後は、内部処理の影響によりバッテリーを多く消耗する場合があります。iOSアップデートに伴う負荷の影響でバッテリーパフォーマンスが著しく低下している場合、設定アプリのバッテリー画面に以下の「iOSアップグレード中のため~影響があります」が表示されます。

iOSをアップグレード中のためiPhoneは通常より多く使用されています。これによりバッテリーの持続時間に影響がある場合があります。

上記メッセージが表示されている場合、数時間から終日程度の時間を空けることで自然と解消することがほとんどですが、もしメッセージが消えた後もバッテリーが著しく低下する場合は、Appleサポートコミュニティで「推奨」のタグが付けられた以下の対処を試してください。

  • 画面ミラーリングの使用を控える
  • iPhoneを低電力モードで使用する
  • iPhoneの自動ロックを1分に設定する
  • アクセシビリティ機能「自動で電話に出る」をオフにする
  • 使用していないアプリのプッシュ通知をオフにする
  • 画面の明るさを自動設定にする(設定>アクセシビリティ>画面表示とテキストサイズ>明るさの自動調節
  • コントロールセンターから手動で画面の明るさを暗くする
  • 長時間の映像ストリーミングは可能であれば他デバイスで視聴する(テレビなど)
  • 起動したアプリをマルチタスク画面から完全に終了しない(最小化した状態で使い続ける)
  • プライバシー位置情報サービスで、アプリの設定を可能な限り「使用中のみ」に変更する
  • メールの受信頻度(フェッチ)やカレンダーのデータ取得頻度を減らす
  • 設定一般Appのバックグラウンド更新で不要なアプリをオフにする
  • バッテリー残量が20〜30%になる前に充電する
  • Wi-Fi環境がある場合は積極的に利用する
  • モバイル通信やWi-Fi通信の電波強度が低い、圏外になる場合は機内モードを使用する
  • Wi-FiやBluetoothを使用していない場合はオフにする
  • 設定モバイル通信でWi-Fiアシストを有効にする
  • 設定バッテリーバッテリーの状態に交換を勧めるメッセージ等が表示されていないか確認する
  • 設定Apple ID(自分の名前)iCloudiCloudバックアップモバイル通信経由でバックアップをオフにする

 

コメント&トラックバック

  • Comments ( 17 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 15.1から引き続き、空き容量残りわずかの表示が出ました。iPhoneSE2です。iPhone8では相変わらず出ません。
    15.1の時はいつの間にか出なくなりましたから時間が経てば治るかも。
    ショートカット実行のときのバーナー英語表記は日本語に治りましたね。

  2. 15.1から15.2へ SE初代です。空き容量残りわずかの表示がでましたが、すぐに消えました。

  3. いつも情報ありがとうございます。
    iPhone12proを2日前にiOS15.1.1にしました。
    それまでは、iOS14.(いくつだったか失念しました)を使ってました。
    目立った使いにくさもないので、15.2にしようかと思ったんですが、アップデートを短期間に行っても大丈夫ですか?
    たしか、1週間くらいは、内部処理を行なってると聞いたので、気になりまして、、、

    • アップデートの適用間隔はとくに気にされなくて大丈夫かと思います。
      内部処理(Spotlightのインデックス作成等)は必要に応じて実行されるので、ユーザー側が特別意識する必要はないかと思います。

      • お返事、ありがとうございます。
        久しぶりのアップデートに、ちょっと不安でした。
        15.1.1で私の使用において、特段の不具合も今のところないので、アップデートしようかと思ったときに、内部処理してるって仰ってたのを思い出して、大丈夫かなと書きました。
        アドバイス重ねてお礼申し上げます。

  4. 期待を込めてiOS15.2にアプデしてみましたが、不具合が続いてます。

    webサイトの動画再生されなくなった。

    再生された場合でも音が出ない。

    webサイト内の画像などはほぼ真っ白で表示されない。

    Google reCAPTCHAで認証されずログインが非常に困難になった。

    タップしても反応しない。

    ドラムロールに戻してほしい。

    とにかく重くてカクカクして使いづらくなった。

    電池消耗が異常に早く、低電力モードONにしても異常に早い。

    • blank
      By iPhoneSE1 不具合追加

      Apple musicアプリは使わないので削除してますが、何故か突然、ロック画面にデカデカと「 再生停止中 」が出現するようになりました。

      何をやっても消えませんでしたが、再起動したら消えました。

  5. サブとしてWi-Fi専用機で使ってる旧SEを14.8から試しに15.1にアプデ。

    特に大きな不具合はありませんが、music Appでダウンロードした音楽を聴いているとき、再生中に次曲を選んだりシャッフルしたりすると、曲が立ち上がるまで時間がかかります。

    酷いときは10秒くらいかかるので、当初は Appを画面上に出して停止してないか確認してました。

    この症状は15.2にアプデしても改善されず。これ結構なストレスです。

  6. 電源が切れて 落ちていて 故障かとビックリする
    故障では無いですか?

  7. blank
    By しろくま☆しゃしょう

    いつも、SBAPPの記事を参考にさせてもらってます。

    さて、僕の場合ですが、これまで使ってたiPhone7端末の動作が悪くなってきたため、12月24日の午後に自力でiPhoneSE2に機種変更(データ移行)しました。{いずれの端末とも、中古で購入したSIMフリー機・SIMロック解除機です}
    その際「iOS14.8.2➡iOS15.2」へのアップデートも同時に行いました。

    作業後、携帯から自宅の固定電話へ発信してベルが鳴ったので、通話機能に関しては問題なしと判断。
    通信機能も、自宅内Wi-Fi環境下では問題なかったため、(少してこずりましたが)1時間半ほどで無事に作業完了。

    …と思いきや、翌朝(12月25日午前)に近所の牛丼屋で朝食時、店内のWi-Fiを避けて、携帯の回線に切り替えるも(アプリ・ブラウザとも)ネットに繋がらず、LINE Payでの決済は諦めてカードで支払いました。
    帰宅後に確認すると、接続設定プロファイルは(データ移行されて)正常にインストールされていたため、機種変更時の作業ミスやキャリアの回線障害ではないと判断。
    Twitterで「iOS15.2 不具合」「iOS15.2 つながらない」などと検索すると、お使いのキャリアを問わず、僕と同様に(OSをアップデートしたことによる)接続不具合事象で書き込んでおられる方が何人かおられました。

    ちなみに当方の回線環境は、楽天モバイルMVNO(ドコモ回線「スーパーホーダイS」)です。
    契約から3年を経過(縛り期間満了)、eSIM対応のDSDS機種に交換したこともあり、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」へ近日中に切り替えるつもりでいますが、OSのバグが原因(接続不具合の要因)ならば、SIMカードや回線を乗り換えたところで「通信できないことに変わりがないのでは?」とも思えるのですけど…。
    {長文、失礼しました}

    • Ryoです。コメントありがとうございます。

      コメント頂いた後、Appleサポートコミュニティなどを確認したところ同様に「iPhoneで圏外になる」「モバイル通信が繋がらない」との書き込みが複数あり、確かにiOSアップデート後にモバイル通信が不調になる場合があるようです。

      楽天モバイルに関しては、着信できない不具合等(公式にて発表されています)があり、安定性に関してはやや不安を感じるものの、iOSアップデートを起因とした問題の場合は機種やキャリアに関係なくモバイル通信がつながりにくくなるようで、格安SIMのIIJmioもそういった事例があると顧客に対して案内しているようです。

      詳しくはこちらの記事にてお話していますが、現状はAPN構成プロファイルの再インストールやネットワーク設定のリセット、工場出荷状態に初期化しモバイル通信ができることを確認した後に復元する..といった対処になりそうです。

      → 【iPhone】iOS15.2でモバイル通信が繋がらない、圏外になる不具合と対処について

  8. 「ファイル」アプリやSafariでwebアーカイブデータを見ても画像などが表示されずフォントも明朝体で表示される

  9. 15.2アップデート後 Apple以外のメールが届かない
    です 何か対策はありますか?

  10. AssistiveTouchのボタンが(入力画面等のキーボード等で)移動すると元の位置に戻らない

  11. 本日iOS15.2にアップデートしましたがAirPods proの音が極端に小さくなりました。アップデート直前まで音量バーの2割程度でしっかり聴こえていた音楽や動画の音声が7割程度まで上げないとそもそも音が聞こえない状況になりました。一応AirPodsの方は初期化等を試しましたが問題が継続しているため一応コメントに残させていただきます…

  12. AirPodsProを外すとマイクが使えなくなる。電話も出来ないしカメラも音を拾ってくれない、録音はそもそも録音を始めない

  13. iOS15へアップデート(iPod Touch第7世代、iPhone7 PLUS(iPodとして車内で使用))のプレイリストの並び順が滅茶苦茶になってしまいました。これまでプレイリストタイプ順でジャンル毎に正しく分かれて表示されていたのがバラバラ。タイトル順とプレイリストタイプ順が同じになってしまい、再生リスト選択も非常に面倒になってしまいました。

コメント(承認制)

*

Return Top