SBAPP

【iPhone】iOS15.2でエクスプレスカードがオフになる不具合と対処について

iOS15.2アップデート以降、一部のiPhoneでApple Payのエクスプレスカードの設定が勝手にオフになる、エクスプレスカードがオンにならない不具合が発生しており、公共交通機関の改札口で足止めされたとの声がSNS上で増えています。

エクスプレスカードの設定が勝手にオフになる

iOS15.2アップデート以降、iPhoneの設定ウォレットとApple Payエクスプレスカードが「なし」に変更される不具合が報告されており、iPhone(エクスプレスカード)で改札を通過する際に足止めされたとの声が増えています。

スポンサーリンク

エクスプレスカードをオンにできない場合も

エクスプレスカードが「なし」になった場合、設定ウォレットとApple Payエクスプレスカードでカードを設定し直す必要がありますが、不具合によりエクスプレスカードを再設定できない(オンにならない)ことがあり、この場合はiPhoneを再起動後にエクスプレスカードを再設定する必要があります。

エクスプレスカードに関する不具合、再起動と再選択で対処

エクスプレスカードに関する不具合は、他にも「エクスプレスカードが反応しない」「Face ID、ロック解除を要求される」など報告されている他、今回お伝えした「エクスプレスカードの設定がオフになる不具合」はiOS14.Xでも報告されています。

もしエクスプレスカードに関する問題が発生した場合は、iPhoneを再起動した後に設定ウォレットとApple Payエクスプレスカードで交通系ICカードを再度設定(なしの場合はカードを選択、カードが設定されている場合はなしに変更してからカードを再度選択)することで、いずれの不具合も解決する傾向があります。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. iPhone SE(第2世代) iOS15.3 でも
    「不具合によりエクスプレスカードを再設定できない(オンにならない)」
    現象が発生しました。再起動後に再設定で暫定復旧する点も同様です。
    混雑した駅やレジでの利用が怖くなるので、早く改善しませんかねぇ。

  2. iPhone 11proですが同様の事象です。
    毎日再起動するのはちょっと面倒なところですね。

コメント(承認制)

*

Return Top