SBAPP

【iPhone】iOS15.5で画面が暗くなる、フリーズする不具合の詳細と対処について

iOS15.5アップデート後、iPhoneの画面が突然暗くなる不具合が報告されています。不具合が生じると画面の明るさを調整しても明るくならない、あるいはフリーズする場合があります。

iPhoneの画面の明るさが突然暗くなる不具合が報告

iOS15以降、一部のiPhoneで画面が突然暗くなる不具合が発生しており、執筆時点では最新バージョンとなるiOS15.5をインストールしたiPhoneでも同様の不具合が報告されています。

画面が一定以上明るくならない、画面が暗くなりフリーズする

画面が暗くなる不具合が発生した場合、画面が暗くなったものの操作はできるケース、画面が暗くなり一切の操作を受け付けない(フリーズする)ケースの2通りが報告されています。

筆者環境(iOS15.5 / iPhone 12 Pro)でも画面が暗くなる不具合が生じており、画面操作ができる状態なのでコントロールセンターから画面の明るさを上げたところ、明るさを最大にしても6割程度の明度になる状態になりました。

スポンサーリンク

デバイス保護、アクセシビリティの誤作動(不具合)の可能性

iPhone本体が高温状態になるとバックライトの明るさが制限される場合があり、設定アプリやコントロールセンターから画面の明るさを上げても反映されない場合がありますが、これは正常の動作です。

ただ、今回の不具合はiPhoneが高温状態では無くても発生することから、デバイスの保護を目的としたバックライトの制限機能、明るい色の明度を下げる機能(ホワイトポイントを下げる)、周囲に応じた明るさに自動調整する機能(明るさの自動調節)など、何らかの機能が誤作動している可能性が考えられます。

iPhoneの強制再起動で復旧する傾向

使用中のiPhoneが高温状態では無いにも関わらず画面が暗くなった、あるいは画面が暗くなってフリーズした場合は、以下の手順で強制再起動することで復旧できる傾向があります。

iPhone 8、iPhone SE(第2世代以降)、iPhone X、iPhone XS、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 12、iPhone 13

  1. 音量(大)ボタンを押し、すぐに放す
  2. 音量(小)ボタンを押し、すぐに放す
  3. サイドボタンを長押し
  4. Apple のロゴが表示されたらサイドボタンを放す

iPhone 7

  1. 音量(小)ボタンスリープボタンを同時に長押し
  2. Appleのロゴが表示されたら両方のボタンを放す

iPhone 6s、iPhone SE(第1世代)

  1. スリープボタンホームボタンを同時押し
  2. Appleのロゴが表示されたら両方のボタンを放す

コメント(承認制)

*

Return Top