楽しくiPhoneライフ!SBAPP

【iPhone】iOS15.4.1アップデートが降ってこない、「iOSは最新です」と表示される原因と対処

2022年4月5日現在、iPhoneでiOS15.4.1が降ってこない、iOS15.4.1にアップデートできないなど、ソフトウェアアップデート画面に「iOSは最新です」と表示される事例が増えています。

iOS15.4.1が降ってこない、アップデートが表示されない問題

2022年4月1日にiOS15.4.1アップデートがリリースされましたが、一部ユーザーから「iOS15.4.1アップデートが降ってこない」「iOS15.4.1にアップデートできない」などの声が増えています。

スポンサーリンク

Apple Beta Software Programが原因の可能性も

既にiOS15.4をインストール済みであれば、通常はiPhoneの設定一般ソフトウェア・アップデートからiOS15.4.1にアップデートできます。

ただし、次期iOSやiPadOSなどのプレスリリースソフトウェア(パブリックベータ版)を試すことができるApple Beta Software Programに参加している場合、ソフトウェア・アップデートを開いても「iOS15.4 iOSは最新です」と表示される場合があります。

プロファイルの消去とiOS15.4.1へのアップデート

Apple Beta Software Programに参加しており、専用プロファイル(iOS 15 & iPadOS 15 Beta Software Program)をインストールしている場合、以下の手順でプロファイルを削除~再起動することでiOS15.4.1にアップデートできます。

  1. 設定アプリを開く
  2. 一般をタップ
  3. VPNとデバイス管理をタップ
  4. 構成プロファイルセクションの「iOS 15 & iPadOS 15 Beta Software ~」をタップ
  5. プロファイルを削除をタップ
  6. パスコードを入力
  7. 削除をタップ
  8. 「再起動が必要です」と表示されるので再起動をタップ
  9. 設定一般ソフトウェア・アップデートからiOS15.4.1にアップデート

アップデート完了後、必要に応じて専用プロファイル(iOS 15 & iPadOS 15 Beta Software Program)を再度インストールしてください。

コメント(承認制)

*

Return Top