楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS14.2でWi-Fiのプライベートアドレスが勝手にオフ、プライバシーに関する警告が表示

iOS14.2(iOS14.2.1)アップデート適用後、Wi-Fiのセキュリティ機能「プライベートアドレス」が勝手にオフに変更される場合があり、一部のユーザーから「Wi-Fiに接続できない」等のトラブルが報告されています。

iOS14.2でプライベートアドレスがオフに変更される

iOS14以降、Wi-Fiのプライバシー対策を強化する目的としてネットワークごとに異なるMACアドレスを使うことができる「プライベートアドレス」が追加され、デフォルトでオンになる形で実装されました。

「プライベートアドレス」オプションは、iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7 ではデフォルトでオンになっています。企業やその他の組織では、Wi-Fi ネットワークのセキュリティを変更しないと、プライベートアドレスが機能しない場合があります。

Appleサポート記事でも「iOS14〜ではデフォルトでオン」との記載があるものの、iOS14.2アップデート適用後にプライベートアドレスが勝手にオフ(デフォルトでオフ)になる事例が報告されています。

iOS14.2アップデート適用前から、プライベートアドレス機能により生成されたMACアドレス(Wi-Fiアドレス)に対して許可(MACアドレスフィルタリング)されているネットワークを利用している場合は、iOS14.2アップデート適用によりWi-Fiに繋がらなくなる可能性があるためアップデート後に設定を確認するようにしてください。

スポンサーリンク

プライベートアドレスをオフにすると警告が表示

またiOS14.2では、プライベートアドレスがオフになっているとWi-Fiの設定項目に以下の「プライバシーに関する警告」が表示されるようになっています。

プライバシーに関する警告
このネットワークではプライベートWi-Fiアドレスはオフになっています。

プライベートアドレスを使用することで、複数のWi-Fiネットワーク間のiPhoneのトラッキングを減らすことができます。

上記の「プライバシーに関する警告」を非表示にする場合、執筆時点では設定Wi-Fi→W-Fiの「iボタン」プライベートアドレスをオンに変更するしかない状況です。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. MACアドレスフィルタリングしているネットワークに接続するときは、プライベートアドレスをオフ (本来のMACアドレスに固定) にするものだと理解しているんですが、私の勘違いでしょうか?
    ROMさんのつぶやき、少し変だと思いました。

    • コメントありがとうございます。

      仰るようにプライベートアドレスをオフにしてMACアドレスフィルタリングを活用されることが多いとは思いますが、プライベートアドレスをオンにした時点で生成されるランダムなMACアドレス(Wi-Fiアドレス)を使って管理されていたのかもしれません。

  2. お返事ありがとうございます。

    やはりそういうことですか。 ネットワーク設定のリセットなどで新たなMACアドレスに変わってしまうようですが、そのときはそのときということですね。

コメント(承認制)

*

Return Top