楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS14.4.2でバッテリーの減りが早い問題と対処について

先日リリースされたiOS14.4.2アップデート適用後、一部のiPhoneでバッテリーパフォーマンスが低下する問題が報告されており「バッテリーの消耗が早くなった」「バッテリーの減りが早い」などの声が増えています。

iOS14.4.2でバッテリーの減りが早いとの声

WebKitに関する重要なセキュリティ問題の対処を含むiOS14.4.2アップデートをiPhoneに適用したユーザーから、「バッテリーの減りが早い」「バッテリーの消耗が早くなった」など、バッテリーパフォーマンスの低下を報告する声が増えています。

コメント投稿

バッテリーの持ちが極端に悪くなった。

コメント投稿

バッテリーの持ちがアップデートした途端に急低下。2日は持っていたバッテリーがほとんど使用してないのに、6時間くらいしか持たなくなりました。バッテリーの最大容量は、98%です。アップデートしたことで何か起きたとしか思えません。

コメント投稿

iPhone12pro使用中です。
アップデートした前と後でバッテリーの減る量が増していると感じます。

当ブログのコメント欄でもバッテリーパフォーマンスの悪化を報告する声が増えていますが、TwitterなどのSNSやAppleサポートコミュニティなどの投稿サイトでもバッテリーパフォーマンス低下を報告するスレッドが複数(1 / 2 / 3)立てられてます。

スポンサーリンク

所見および提案のメッセージを確認する

iOSアップデート適用直後はバッテリーを多く消耗する場合があり、アップデート処理の兼ね合でバッテリーの消耗が多くなっている場合は、設定バッテリーの所見および提案として「iOSをアップグレード中のため〜影響があります」と表示される場合があります。

以下の表示を確認できる場合は、時間経過でバッテリーパフォーマンスが回復するので処理が終わるまで待つようにしてください。

iOSをアップグレード中のためiPhoneは通常より多く使用されています。これによりバッテリーの持続時間に影響がある場合があります。

設定を見直してバッテリーパフォーマンスを改善

バッテリーの提案に関連するメッセージが表示されていないにも関わらずバッテリーの消耗が著しく早い場合は、以下の設定を見直すことでバッテリーの駆動時間が改善されないか試してください。

iOS14.4.2で最適化したい設定

  • ホーム画面で使用するウィジェットを減らす
  • 表示が動的に変化するウィジェット、Siriからの提案を使用しない
  • コントロールセンターから画面の明るさを不便にならない範囲で暗くする
  • 設定一般アクセシビリティディスプレイ調整明るさの自動調節をオンにする(常に明るい画面で使用していた方に効果的)
  • 設定バッテリーでバッテリーを著しく消耗しているアプリはないか確認し、バッテリーを多く消耗しているアプリの使用を控える、もしくは削除する
  • iPhoneの適温範囲(0〜35度)では無い環境での使用を控える
  • バッテリー残量が僅かになった時、どうしても長持ちさせたい時に設定バッテリー低電力モードをオンにする
必要性に応じてオフにしたい設定

  • Wi-Fiを使用しない場合:設定Wi-Fiをオフ
  • Bluetoothを使用しない場合:設定Bluetoothをオフ
  • AirDropを使用しない場合:設定一般AirDrop受信しないに変更
  • 設定プライバシー位置情報サービス各アプリこのAppの使用中のみ許可に変更(バックグラウンドで起動するものは”常に許可”にしてください)
  • 設定一般Appのバックグラウンド更新で、バックグラウンドでの動作が不要なアプリをオフ
  • 圏外エリアでは設定機内モードをオンにする。

近日中にもiOS14.5(正式版)がリリースされる見込みなので、次回のiOSアップデートでバッテリーパフォーマンスが改善されるのを期待したいところです。

関連記事【iOS14.4.2】アップデート内容の詳細、不具合情報や評判について

コメント(承認制)

*

Return Top