楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS13.2、Twitterアプリの動作が重いとの声が相次ぐ

スポンサーリンク

iPhoneにiOS13.2アップデートを適用した一部ユーザーから、Twitterアプリが重い、カクカクするなど動作全般が重くなる問題が報告されています。

動作が重たくなる問題が生じた場合、Twitterアプリのメディアストレージの削除などで改善したとの事例があるので、本記事では不具合の概要と対処法について解説します。

iOS13.2、Twitterアプリの動作が重たいとの声相次ぐ

iOS13.2アップデートを適用した一部ユーザーからTwitterアプリが重いとの声が相次ぎ挙がっており、問題が生じると「タップしても反応しない」「タップの反応が鈍い」「スクロールにカクつく」など、Twitterアプリの動作全般が重たくなる場合があるようです。

メディアストレージやマルチタスクの整理で改善例も

iOS13.2以降Twitterアプリの動作が重たい場合は、Twitterアプリのメディアストレージの削除、マルチタスクの整理と削除、デバイスの再起動で一時的に解消する傾向があるようです。

Twitter、メディアストレージの削除

Twitterアプリでプロフィールアイコンをタップし、設定とプライバシーデータ利用の設定メディアストレージメディアストレージの削除の順にタップ。

※ Twitterアプリに保存されている画像などのメディアデータが削除される為、再表示には再ダウンロードが必要になります。

スポンサーリンク

マルチタスクの整理と削除

iPhone X以降

  1. ホーム画面の下部を上方向にスワイプ(指を離さない)
  2. 画面の中央付近で指を止める
  3. 全てのアプリを上方向にスワイプ
  4. ホーム画面からTwitterアプリを起動
iPhone 8以前

  1. ホームボタンを2回クリック
  2. 全てのアプリを上方向にスワイプ
  3. ホーム画面からTwitterアプリを起動

※ マルチタスクからアプリを終了すると、アプリ内で未保存のデータは削除されます。ファイル編集(書き物、写真加工、ペイント等)をしている場合は、必ずアプリ内で保存を行ってください。

iPhoneの再起動

iPhone X以降

  1. サイドボタンと音量調節ボタンのいずれかを長押し。

  2. 「スライドで電源オフ」を左にドラッグ。

  3. 電源が完全に落ちて画面が暗転したら、再びAppleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押し。

iPhone 8以前

  1. サイドボタンもしくは上部のボタンを長押し。

  2. 「スライドで電源オフ」を左にドラッグ。

  3. 電源が完全に落ちて画面が暗転したら、再びAppleのロゴが表示されるまでサイドボタンもしくは上部のボタンを長押し。

iOS13.2、バックグラウンド動作不具合の影響も?

iOS13.2では様々な不具合が報告されており、その中の一つとして「バックグラウンドで動作しているアプリが停止する」といった問題もあります。

海外掲示板やSNSでは、この問題に対してiOSアプリ内でウェブページ表示の役割を担うWKWebViewオブジェクトが悪影響を与えているとの予測もされており、もしかするとこれらの問題がTwitterアプリにも影響を及ぼしているのかもしれません。

関連記事【iPhone】iOS13.2でアプリがバックグラウンドで正常に動作しない不具合が指摘

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*

Return Top