楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOSアップデートでAssistiveTouchが消えた、表示されない不具合が報告

iOSアップデート適用後、iPhoneのアクセシビリティ機能「AssistiveTouch(アシスティブタッチ)」が消えた、表示されない問題が一部で報告されています。

iOSアップデート後にAssistiveTouchが消える不具合

執筆時点では最新バージョンとなるiOS13.4.1アップデートを適用した一部のユーザーから、当ブログのコメント欄やTwitter等のSNSで「AssistiveTouchが消えた」「AssistiveTouchが表示されない」など、アクセシビリティ機能であるAssistiveTouchが正常に動作しない問題が複数報告されています。

投稿者:K.Tさん
iPhone11です。
ios13.4.1にしてからAssistiveTouctが画面に出てこなくなりました。
投稿者:匿名さん
スグに固まるし、アクセシビリティタッチがなくなった!!
いつまでーっ。゜(´∩ω∩`)゜。
スポンサーリンク

AssistiveTouchが消えた時は再起動で改善する傾向

touch-settings

iOSアップデート適用後にAssistiveTouchが消えた場合の対処法として、AssistiveTouchのスイッチ(設定アクセシビリティタッチAssistiveTouch)を何度かオンオフ切り替えるほか、とくにデバイスを再起動することで改善する事例が多いようです。

デバイスの再起動方法が不明な場合は、以下の該当する手順を参考にしてください。

iPhone X、iPhone 11の再起動手順

  1. サイドボタンと音量調節ボタンのいずれかを電源オフスライダが表示されるまで長押し。
  2. 「スライドで電源オフ」を左にドラッグ。
  3. 電源が完全に落ちて画面が暗転したら、再びAppleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押し。

iPhone SE 第2世代、iPhone 8、iPhone 7、iPhone 6の再起動手順

  1. サイドボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押し。
  2. 「スライドで電源オフ」を左にドラッグ。
  3. 電源が完全に落ちて画面が暗転したら、再びAppleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押し。
iPhone SE 第1世代、iPhone 5以前の再起動手順

  1. 上部のトップボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押し。
  2. 「スライドで電源オフ」を左にドラッグ。
  3. 電源が完全に落ちて画面が暗転したら、再びAppleのロゴが表示されるまで上部のトップボタンを長押し。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。

理想は「誰が読んでも悩みを解決できる記事」を書き上げることですが、不具合等の対処法をお伝えする記事では、確定的な解決方法をお伝えすることが難しい場合もあります。そういった際は「可能な限り解決の糸口に繋がる情報を凝縮した記事」をお伝えできればと思います。

コメント(承認制)

*

Return Top