楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Apple Music(Apple ID)と他社製サービスの連携を解除する方法

Appleの音楽ストリーミングサービス「Apple Music」は、一部の他社製サービスでも音楽を再生できますが、本記事では他社製サービスを利用しなくなった際にApple Musicアカウント(Apple ID)と連携・アカウントアクセスを解除する方法について解説します。

他社製サービスでApple Musicのライブラリにアクセス

一部のサードパーティーアプリ等の他社製サービスでは、利用開始時にApple ID(Apple Musicアカウント)へのアクセスを許可することで、他社製サービスからApple Musicにアクセスできるようになり、音楽の再生やライブラリを参照できるようになります。

他社製サービスの利用を中止する場合、サードパーティーアプリのアンインストールや解約などの操作が必要になりますが、これらの操作だけではApple IDの連携が解除されないため、以下の手順で他社製サービスとApple IDとの連携を手動解除する必要があります。

※ 連携した状態で放置しても多くの場合は問題無いかと思いますが、不必要になったサービスとアカウントを連携させておくことに不安を感じる、あるいはセキュリティを重視するのであれば連携の解除がお勧めです。

スポンサーリンク

他社製サービスとApple Music、Apple IDの連携を解除する

  1. App Storeアプリを起動して、画面右上のアカウントボタンをタップ。
  2. アカウントページを下にスクロールして、Apple Musicをタップ。
  3. Apple Musicにアクセスできる他社製サービスが表示されるので、画面右上の編集をタップ。
  4. 連携を解除したいサービスの赤丸(-ボタン)をタップ。

上記手順でApple Musicアカウントの連携を解除すると、自動で他社製サービスからサインアウトされ、Apple Musicのライブラリにアクセスできなくなります。

関連記事【Apple】Apple Musicのウェブ版(Apple Music Web App)が正式公開、Music Replayも利用可能

コメント(承認制)

*

Return Top