楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】高温注意「本体温度が下がるまでお待ちください」が表示された時の対処法

スポンサードリンク

ここ数日間の猛暑の影響で、iPhoneに温度警告「高温注意 本体温度が下がるまでお待ちください」と表示されるとの声がTwitter等のSNSで多く挙がっています。

中には本体温度を下げるためにiPhoneを冷蔵庫に入れるユーザーもいるようですが、本記事ではiPhoneに「高温注意」と表示された時の正しい対処法について解説します。

iPhoneが高温になると一部機能が制限される

iPhoneは使用環境が0℃〜35℃、保管環境が-20℃〜45℃が推奨されており、iPhone内部が動作温度範囲(具体的な温度範囲は非公開)を超えると、次の現象が起きる場合があります。

  • iPhoneに「高温注意 本体温度が下がるまでお待ちください。」が表示される
  • 充電(ワイヤレス充電含む)ができない、充電速度が遅い
  • ディスプレイが暗い、何も表示されない
  • 勝手に低電力モードになる、電波が弱くなる
  • カメラのフラッシュ(ライト)が点かない
  • グラフィカルなアプリ、AR対応アプリの動作が遅くなる、遊べない
  • ナビゲーション使用中に画面が消え、音声のみで案内が継続される

突然これらの現象が起きると”故障”と誤解するかもしれませんが、iPhone本体を触ってみて「熱い」と感じるのであれば、iPhone本体を冷ますだけで改善する可能性が高いです。

高温注意が表示された時はiPhoneの電源をオフにして放置

もしiPhoneの画面に「高温注意 本体温度が下がるまでお待ちください」と表示されたり、ディスプレイが勝手に暗くなる場合などは、iPhoneに装着しているケースなどアクセサリー類を外し、電源をオフにして可能な限り涼しい場所(空調の効いている室内、扇風機の前など)に放置してください。

スポンサードリンク

機種に対応したボタンを長押しして、画面に表示されるスライダを横にスライドで電源オフ。

iPhoneの接地面(特に裏面)を割り箸などを使用して減らすことで、より効率よく本体温度を下げることができるので、急いで本体温度を下げたい時は活用してください。

iPhoneを冷蔵庫や保冷剤を使用して冷ますユーザーもいるようですが、低温から常温に戻った時に内部結露が発生する原因になり、最悪の場合は故障する可能性もあるので控えた方が良いです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top