楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS11】iPhoneのApp Storeで購入済みアプリを表示する方法

iOS11ではApp Storeのデザインが大幅にリニューアルされ、アプリの新着アップデートを確認出来る”アップデートタブ”から、「購入済み」の項目が削除されました。

購入済み画面は、これまでに購入(ダウンロード)したアプリを確認することが出来る重要な機能ですが、iOS11でも決して撤廃された訳では無く、次の方法で購入済みアプリを確認、再ダウンロードすることができます。

App Storeで購入済みアプリを表示、確認する方法

iOS11では、次の方法で「購入済みアプリ」をApp Storeで確認することが出来ます。

  1. App Storeを開き、右上に表示される自身のプロフィールアイコンをタップ。
    ※ プロフィールアイコンは、Today、ゲーム、App、アップデートのタブでのみ表示されます。
  2. 1_AppStore_History_20170917_up

  3. メニューから購入済みをタップ
  4. 2_AppStore_History_20170917_up

  5. これまで通り、すべての購入済みアプリ、デバイス上にインストールされていない購入済みアプリを確認、再ダウンロードすることができます。
  6. 3_AppStore_History_20170917_up

スポンサーリンク

購入済み画面からアプリを非表示、消すことも出来る

購入済み画面では、画面上に表示されている特定のアプリを非表示にすることが出来ます。

  1. 購入済み画面で非表示にしたいアプリを左にスワイプ。
  2. 5_AppStore_History_20170917_up

  3. 非表示をタップすると購入済み画面から消えます。
  4. 6_AppStore_History_20170917_up

iOS11では、他にも多くの機能追加や変更が行われています。

引き続きiOS 11に関する解説記事を書いていくので、ぜひ記事下の関連記事も併せて読んでみてください。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。

理想は「誰が読んでも悩みを解決できる記事」を書き上げることですが、不具合等の対処法をお伝えする記事では、確定的な解決方法をお伝えすることが難しい場合もあります。そういった際は「可能な限り解決の糸口に繋がる情報を凝縮した記事」をお伝えできればと思います。

コメント(承認制)

*

Return Top