楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Safari「接続はプライベートではありません」の原因と対処方法

スポンサーリンク

今回はiPhoneのSafariで、ウェブページにアクセスした際に「接続はプライベートではありません」「あなたの個人情報または金融情報を盗むため」と表示され、ページを表示できない原因と対処方法を解説します。

接続はプライベートではありませんの意味

Safariでhttpsから始まるURLを開くと、ウェブサイトによっては「接続はプライベートではありません」「あなたの個人情報または金融情報を盗むため」といった警告が表示される場合があります。

接続はプライベートではありません
このWebサイトは、あなたの個人情報または金融情報を盗むために”ドメイン”になりましている可能性があります。このページを閉じて下さい。
[詳細を表示] [ページを閉じる]

まず「接続はプライベートではありません」と表示されたからといって、お使いのiPhoneにセキュリティ問題が生じている訳では無いので心配する必要はありません。

これは「ウェブサイトが”本物”であることを証明する証明書(SSL)」を正常に取得できず、Safariがフィッシング詐欺サイトの可能性があると判断した時に表示される警告です。

警告が表示された場合、本当にウェブページが成りすまし(フィッシング詐欺など)の可能性も考えられますが、ウェブサイト側の設定ミスや証明書(SSL証明書)の有効期限切れなど、ウェブサイトの管理側の問題によって表示されるケースも多いです。

証明書のエラーの原因を確認する

「接続はプライベートではありません」の詳細を表示証明書を見るをタップすると、証明書のエラー内容を確認することができます。

スポンサーリンク

筆者がアクセスしたウェブサイトでは証明書に「有効期限切れ」とあるため、前述した“証明書(SSL証明書)の期限切れ”によってエラーが表示されていることがわかります。

警告を無視してウェブサイトにアクセスし表示ができる

「接続はプライベートではありません」の詳細を表示このウェブサイトを閲覧をタップすると、警告を無視してウェブサイトにアクセスすることができます。

ただし、前述したようにフィッシング詐欺サイト(なりすまし)の可能性もあるので、他のウェブページで解決できる場合はページを閉じるをタップ、あるいは前のページに戻るようにしてください。

またIDやパスワードなど個人情報の入力を要する場合は、入力した個人情報が第三者に漏れる可能性も考えられるので避け、ウェブサイトの管理者にエラーの旨を伝えると良いかと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top