楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS12の機能制限の設定はどこ?コンテンツとプライバシーの制限に変更へ

スポンサーリンク

iPhoneを含むiOS端末では、これまで設定一般機能制限より、アプリやApp Storeの利用制限ができましたが、iOS12では機能制限が「コンテンツとプライバシーの制限」に変更され、スクリーンタイムの設定画面に項目が移動しています。

機能制限はコンテンツとプライバシーの制限に変更された

iOS12では従来の機能制限は設定スクリーンタイムに、「コンテンツとプライバシーの制限」として配置されています。

コンテンツとプライバシーの制限画面で、コンテンツとプライバシーの制限のスイッチをオンにすると機能制限がオンになります。

コンテンツとプライバシーの制限画面では、従来どおりアプリやApp Storeの購入制限、アプリの年齢レート制限などの設定をすることができます。

スポンサーリンク

コンテンツとプライバシーの制限にパスコードを設定する

コンテンツとプライバシーの制限は、初期設定ではパスコードで保護されておらず、従来の機能制限のようにパスコードを入力せずとも設定を変更することができます。

もしお子さんに貸与する場合で設定を勝手に変更して欲しくない場合は、設定スクリーンタイムスクリーンタイム・パスコードを使用をタップすることで、専用のパスコードを作成することができます。

iPhoneのデバイスロック時のパスコードとは独立した、スクリーンタイムやコンテンツとプライバシーの制限専用のパスコードとなるので、忘れないよう注意してください。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. スクリーンタイムをオフにすると、コンテンツとプライバシーの制限もオフになってしまいますか?

    • スクリーンタイムをオフにすると、コンテンツとプライバシーの制限を含む、幾つかの機能がオフになります。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top