SBAPP

【Twitter】「接続に失敗しました」「認証に失敗しました」で使えない問題が発生(Tweetbot、TwitPaneなど)

2023年1月13日頃より、サードパーティーのTwitterクライアントアプリ(Tweetbot、TwitPane、featherなど)で接続や認証に失敗する問題が発生しており、「Twitterとの接続に失敗しました」「アカウント認証に失敗しました」「再認証が必要です」などのエラーになる場合があります。

  • Twitterとの接続に失敗しました
  • アカウントにアクセスできません
  • ツイッターサーバーでエラーが発生しました
  • アカウントに認証に失敗しました
  • 再認証が必要です

Twitterクライアントアプリで「接続に失敗」「認証に失敗」が多発中

2023年1月13日頃より、一部のTwitterクライアントアプリ(Tweetbot、TwitPane、featherなど)で接続や認証に失敗する問題が発生しています。

もしサードパーティーのTwitterクライアント使用時に「Twitterとの接続に失敗しました」「アカウント認証に失敗しました」「再認証が必要です」などのエラーが表示される場合は、問題の影響を受けている可能性があります。

Twitterクライアントアプリの利用可否まとめが公開

今回の一連の騒動を受け、サードパーティークライアントアプリの状況をまとめたスプレッドシート2023.01.13のBAN祭りまとめが有志によって公開されており、執筆時点では以下のクライアントアプリが利用できない状態となっているようです。

  • Buncho(iOS)
  • Echofon / Echofon Pro(iOS,iPadOS)
  • feather 有料版(iOS)
  • Fenix for Twitter(Android)
  • Flamingo for Twitter(Android)
  • Janetter(Windows)
  • Owly for Twitter(Android)
  • Plume(Android)
  • Shitter(Android)
  • Tabtter Free 無料版(Windows)
  • Talon for Twitter(Android)
  • Tween(Windows)
  • Tweetbot(iOS,macOS)
  • Tweetlogix(iOS)
  • Twidere(Android)
  • twitcle plus(Android)
  • TwitPane for Android 無料版(Android)
  • TwitPanePlus 有料版(Android)
  • Twitterrific(iOS)
  • ツイタマ / ツイタマ+(Android)
  • 夜フクロウ(macOS)

ルールとポリシー違反が理由でアプリがサスペンド(BAN)

一部のデベロッパーからは、ポータルサイト「Developer Portal」で確認できるステータスが「SUSPENDED(一時停止)」になっており、サスペンドの理由は「Twitterのルールとポリシーに違反しているため」と記載されている事例も報告されています。

This App has violated Twitter Rules and policies. As a result, it can no longer be accessed. An email has been sent to ( mail address ) with details. For assistance, submit a support ticket.

Twitter公式から関連する情報、ツイートは無し(執筆時点)

突如として一部のTwitterクライアントアプリがサスペンドとなったのかは明らかになっておらず、Twitter公式アカウントやTwitter CEOのイーロン・マスク氏から関連するツイートは投稿されていないため、今回の問題が一時的な不具合なのか、あるいはポリシーに則ったサスペンド(BAN)なのかは不明です。

Twitterの利用ユーザーからは「独自のフィルタ機能を備えたクライアントアプリをBANしたのでは」「Twitterの広告が表示されないアプリが制限された」など、Twitterの広告収入やTwitter Blueに影響を及ぼすアプリをサスペンドしたのでは、との予想する声が増えています。

Twitterからの返信を待つデベロッパー、対応は週明け?

今回の件に関して影響を受けたとするデベロッパーからは、「Twitterに詳細を問い合わせているが返信がまだ来ない」といった声が非常に増えています。

恐らくは週明けにもTwitterクライアントアプリを提供するデベロッパーから、何らかの案内や続報があるものと思われますが、いずれにせよ利用ユーザーはデベロッパーからの続報を待つか、現在も動作しているTwitterクライアントアプリに乗り換えるほか無い状況です。

意図的な締め出し、サスペンドが実行される(2023年1月17日)

一連の件に関して、ニュースメディア「The Information」が、Twitter社内のSlackにて社員向けに「サードパーティーアプリの停止は意図的なものだ」と通達しているとの報道しています。なお、サードパーティーアプリの停止に至った理由などについては明かされていません。

コメント(承認制)

*

Return Top