SBAPP

【Twitter】「ツイートの送信に失敗しました」でリプライできない不具合の詳細と対処

2023年1月下旬頃より、iOS版Twitterアプリでエラー「ツイートの送信に失敗しました」が発生し、リプライできない不具合が発生しています。その影響により「リプライが失敗する」「ツリーの中でリプライすると失敗する」といった声が増えています。

ツイートの送信に失敗しました
申し訳ありませんがツイートを送信できませんでした。下書きに保存してあとで再送信しますか?
下書きに保存
再投稿
OK

「ツイートの送信に失敗しました」でリプライできない不具合

2023年1月下旬頃より、iOS版Twitterアプリでリプライ送信時にエラー「ツイートの送信に失敗しました」が発生し、リプライできない不具合が一部のユーザーから報告されています。

一部バージョンで発生している不具合である可能性

iOS版Twitterアプリのリプライでエラー「ツイートの送信に失敗しました」が発生する問題は、先日リリースされたバージョン9.42アップデートを適用したユーザーから多く報告されており、一部のバージョンでのみ発生している可能性が考えられます。

不具合の改善にはiOS版Twitterアプリのアップデートによる対処を待つ必要がありますが、執筆時点では後述する方法で下書き画面を介すことでリプライを送信できる事例が多数報告されています。

※ 『「ツイートの送信に失敗しました」と表示されるものの、実際にはツイートやリプライに成功している問題』とは別の不具合であるものと思われます。

下書き画面を介すことでリプライが送信できる

リプライ送信時にエラー「ツイートの送信に失敗しました」が発生した場合、以下の手順で下書き画面からリプライを再送信する方法であればエラーを回避できる傾向があり、実際に複数ユーザーから「下書きからならリプライが送信できた」との声が挙がってます。

  1. リプライの送信を試みる
  2. エラー「ツイートの送信に失敗しました」が発生する
  3. 下書きに保存をタップ
  4. 下書き画面でエラー表示になっているリプライをタップ
  5. ツイートするをタップ

※ 下書き画面は画面右下のツイートボタン(+)を長押し、羽ペンボタンをタップすることでもアクセスできます。

コメントを投稿する(承認後に反映されます)

*

Return Top