SBAPP

【Twitter】モバイル通信(4G)で重い、繋がらない問題の詳細と対処(2022年7月1日)

2022年7月1日頃より、Twitterアプリで動作が重い不具合(障害)が発生しており「Twitterが開けない」「読み込みが遅い」等の声が急増しています。

今回の不具合はWi-Fiをオフにしてモバイル通信に切り替えると解消する場合もありますが、一部で「モバイル通信(4G、5G)でもTwitterが重い」といった声があるため、本記事ではTwitterがモバイル通信でも重い、繋がらない時の対処法について解説します。

Twitterが繋がらない、重い不具合はWi-Fiで改善する傾向

2022年7月1日頃より、一部のネットワーク環境においてTwitterアプリが繋がらない、読み込みが遅い、動作が重いといった問題が報告されています。

今回の問題は主にWi-Fi接続時に発生する傾向があり、スマートフォンでTwitterを利用している場合はWi-Fiをオフに変更し、モバイル通信に切り替えることで改善する事例が多く報告されています。

関連記事【Twitter】繋がらない障害が発生、Wi-Fiで重い不具合の詳細と対処(2022年7月1日)

スポンサーリンク

モバイル通信(4G)でもTwitterが重い、開けない問題が報告

しかし、一部では「モバイル通信もWi-Fiも繋がらない」「モバイル通信(4G)に切り替えても重い」といった声があり、通信方法を切り替えても問題が解消しない事例が報告されています。

4Gで重い時は「1.1.1.1: Faster Internet」で改善する可能性

もしモバイル通信(4G、5G)に接続したスマートフォンでもTwitterが重い場合は、Cloudflareが提供する基本無料のVPNアプリ「1.1.1.1: Faster Internet」をインストール、設定することで改善できる場合があります。

「1.1.1.1: Faster Internet」は以下の手順でインストール、設定ができるのでもし不具合がお困りの場合は参考にしてください。(iOS版アプリ、iPhoneを使った手順になります)

※ 当記事ではVPNの仕組み等に関しては言及せず、インストールと設定の手順のみ解説します。

  1. App Storeで「1.1.1.1: Faster Internet」をダウンロード、インストールする
  2. 「1.1.1.1: Faster Internet」を開く
  3. 「WARPとは?」と表示されるので、一読して次へをタップ
  4. VPNプロファイルをインストールをタップ
  5. 「"1.1.1.1"がVPN構成の追加を求めています」と表示されるので許可をタップ
  6. iPhoneのパスコードを入力
  7. 「最新情報を受取る」と表示されるので、通知を許可もしくは今はしないをタップ
  8. WARPの画面が表示され、中央のスイッチをオンにするとVPNに接続されます
  9. VPN接続後、Twitterアプリを開き直して動作を確認する
  10. VPNが不要になった時はWARP画面でスイッチをオフにする

アンインストールする場合はWARP画面でスイッチをオフにし、iPhoneの設定一般VPNとデバイス管理VPN→「1.1.1.1」のiボタンVPNを削除削除をタップし、「1.1.1.1: Faster Internet」をアンインストールしてください。

関連記事【Twitter】繋がらない障害が発生、Wi-Fiで重い不具合の詳細と対処(2022年7月1日)

1.1.1.1: Faster Internet
カテゴリ: ユーティリティ
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

ss1
コメント
Cloudflareが提供しているVPNアプリ。

App Storeからダウンロード

コメント(承認制)

*

Return Top