楽しくiPhoneライフ!SBAPP

【Twitter】繋がらない障害が発生、Wi-Fiで重い不具合の詳細と対処(2022年7月1日)

2022年7月1日頃より、Twitterアプリの動作が重い不具合(障害)が発生しており、ユーザーから「Twitterが重い」「Twitterに繋がらない」「Twitterが開けない」といった声が多数挙がっています。

Twitterが繋がらない、開けない不具合(障害)が発生

2022年7月1日頃より、一部の使用環境においてTwitterアプリの動作が重い不具合(障害)が発生しており、Twitterに繋がらない、Twitterが開けない等の問題が報告されています。

Wi-Fiからモバイル通信に切り替えると繋がるようになる傾向

今回発生しているTwitterアプリの動作が重い不具合(障害)は、Wi-Fiを使用しているスマートフォンを中心に報告されており、スマートフォンをモバイル通信に切り替えると繋がるようになったとの声が多いです。

なお、iPhoneを使用している場合は次の手順でWi-Fi通信をオフにすることができます。

  1. 設定アプリを開く
  2. Wi-Fiをタップ
  3. Wi-Fiのスイッチをオフにする
スポンサーリンク

スマートフォンと同じ回線を使用しているPCでも不具合発生

Twitterでは、スマートフォンと同じ通信回線を使用しているPCでもTwitterに繋がらない、VPNを介すことで繋がったとの声もあることから、特定の通信経路やDNSで何らかの問題が発生している可能性が考えられます。

一部ではプロバイダで障害が発生しているとの声もありますが、様々な大手インターネットサービス(OCN、ソフトバンク光、auひかりなど)で同じ問題が報告されていることから、特定プロバイダで障害が発生している訳では無さそうです。

DNSを「1.1.1.1」に変更すると繋がったとの声も多数

スマートフォンのWi-Fiで使用しているDNSをクラウドフレアが提供しているパブリックDNS「1.1.1.1」に変更したことで繋がったとの声も見受けられます。

iPhoneの場合は設定Wi-Fi→接続しているWi-Fiの「iボタン」→DNSを構成手動にチェックを入れ、DNSサーバに「1.1.1.1」を追加し、画面右上の保存をタップすることで変更できます。

また一部では4G/5G回線でも「Twitterが重い」「繋がらない」といった声が挙がっており、その場合はクラウドフレアが提供しているVPNアプリ「1.1.1.1: Faster Internet」を使用することで改善できる場合があるようです。

関連記事【Twitter】モバイル通信(4G)で重い、繋がらない問題の詳細と対処(2022年7月1日)

1.1.1.1: Faster Internet
カテゴリ: ユーティリティ
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

ss1
コメント
パブリックDNS「1.1.1.1」を提供しているCloudflareによるVPNアプリ。

App Storeからダウンロード

コメント(承認制)

*

Return Top