SBAPP

【Twitter】報告やツイートアクティビティが英語表記になる不具合の詳細と対処

Twitterアプリで「ツイートを報告」や「ツイートアクティビティ」が英語表記になる不具合が発生しており、一部ユーザーから「言語設定が日本語なのにツイート報告、通報が英語になる」「ツイートアクティビティだけ英語になる」といった声が挙がっています。

ツイートを報告、ツイートアクティビティが英語表記になる不具合

2022年8月以降、Twitterアプリの言語設定が日本語になっているにも関わらず、「ツイートを報告」や「ツイートアクティビティ」などの一部画面が英語表記になる不具合が発生しています。

筆者が所有している復数のTwitterアカウントのうち、2つのアカウントで同じ不具合が発生していましたが、両方のアカウントで不具合を解消できる手順を見つけたので解説します。

最初にアプリの言語設定を確認する

「ツイートを報告」や「ツイートアクティビティ」の英語表記から日本語表記に直す対処を行う前に、まず以下の手順でTwitterアプリの言語設定が日本語に設定されていることを再確認してください。

  1. 設定アプリを開く
  2. Twitterをタップ
  3. 言語をタップ
  4. 日本語を選択してチェックを入れる
スポンサーリンク

ツイートを報告、ツイートアクティビティを日本語表記に直す手順

Twitterアプリの言語設定が日本語になっているにも関わらず、「ツイートを報告」や「ツイートアクティビティ」など、Twitterアプリ内でブラウザ版Twitter(twitter.com)のページを表示している機能のみ英語表記になる場合は、以下の手順で英語表記から日本語表記に直せる場合があります。

  1. ブラウザ版Twitter(twitter.com)を開きログインする
  2. 画面上部のホームタブの表記が「ホーム」と表示されていることを確認する
  3. アプリ版Twitterを開き、「ツイートを報告」の画面を表示する(この時点では英語表記で表示)
  4. ブラウザ版Twitterに戻り、ホームタブの表記が「Home」になったことを確認する
  5. ブラウザ版Twitterのホームタブ、画面左上のプロフィールアイコンをタップ
  6. Settings and privacyをタップ
  7. Accessibility, display, and languagesをタップ
  8. Languageをタップ
  9. Display languageをタップ
  10. Display language(English)のボックスをタップ
  11. リストからJapanese – 日本語を選択
  12. Saveをタップ
  13. ツイートを報告、ツイートアクティビティ等が日本語表記で表示されます

※ 手順2の時点でホームタブが「Home」と表示されている場合でも、手順3以降の操作を進めてください。

一部機能を使用すると言語設定が英語に変更される不具合

筆者環境の復数アカウントで検証した限りでは、Twitterアカウントの言語設定が日本語に設定されている場合でも、Twitterアプリで「ツイートを報告」「ツイートアクティビティ」など、ブラウザ版Twitter(twitter.com)のページをWebViewで表示している機能にアクセスすると、Twitterアカウントの言語設定が英語に変更されるバグのようです。

コメント(承認制)

*

Return Top